マイクロ法人という考え方に初めて触れたのがこの本でした。

出版当初は、サラリーマンが実践するのは難しいと評されましたが、その後、坂下仁氏の著書「いますぐ妻を社長にしなさい」によってサラリーマンでも無理なくマイクロ法人を設立する道が開かれました。

このブログで紹介しているマイクロ法人設立の記事は彼らのアイデアの実践にすぎません。

マイクロ法人を設立するなら必読の二冊です。


「貧乏はお金持ち」 2011年出版
「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」 2015年出版


【関連記事】

いますぐ妻を社長にしなさい - 坂下仁

マイクロ法人設立 登記まとめ
マイクロ法人設立 準備まとめ

スポンサーサイト


死ぬ前にもう一度聴きたい曲

最後の一音まで痺れっぱなしです



フーガもいい


(ブログの趣旨とは関係ありません)

テーマ:YouTube Music Video
ジャンル:音楽
住民税でバレる副業、「ふるさと納税」で誤魔化せるか
プレジデント
zasshi.news.yahoo.co.jp/article

newspaper2017.jpg

副業がバレるバレない、雑誌や新聞のネタとしては定番になりつつあります。

住民税を普通徴収に切り替えるとか、いろいろな回避のテクニックがあるようです。しかし、それらは小手先の技にすぎず、根本的にはリスクを回避できていません。

本気で副業バレリスクを回避したいなら、妻を代表者としたマイクロ法人が最強の隠れ蓑だと思います。例えバレても、妻が支配し経営するという建前を論破することはできません。





【関連記事】

マイクロ法人設立 登記まとめ
マイクロ法人設立 準備まとめ

logo_lbi2017.jpg


2017/2/12記事の通り、Lucky Bankに法人口座を開設しました。
そして、ゆうちょ銀行に開設した法人の普通預金口座から200万円の資金を送金してみました。


1.法人口座への送金

  • 2017/2/7 ゆうちょ銀行のEBで送金予約
  • 2017/2/8 送金予約実行(09:00)
  • 2017/2/8 Lucky Bankより入金連絡(11:00)

ゆうちょ銀行の法人口座から初めての送金だったので緊張しました。送金前日にインターネットバンキングで送金予約したところ、翌朝9時には予約が実行されました。

午前11時にはLucky Bankから以下のような入金連絡が入りました。

題名 Lucky Bank【投資用口座へ入金完了しました】


こじかカンパニー様

Lucky Bankをご利用いただき、ありがとうございます。
投資用口座への入金が完了しました。

ログインして、お客さまのLucky Bank口座情報をご確認ください。
https://www.lucky-bank.jp/mypage/login

Lucky Bankには特にこちらから連絡はせず、三井住友銀行東京第一支店の指定口座へ振り込みました。着金の確認は人手を介してが実施しているでしょうから、2時間後の連絡はスピーディーな対応だと思います。


2.案件への投資

その後、2月11日(土)受付開始の利回り9%台の案件に、40万円ほど投資を予定していました。

申し込み開始時刻の午前11時に手続きを行ったのですが、結局、投資することは叶いませんでした。その原因は申し込みが殺到したことによります。

サーバーにアクセスが殺到したためエラーが頻発、やり直しているうちに枠が埋まってしまいました。その間5分程度です。Lucky Bankってこんなに人気があったのかとビックリしました。

この失敗を反省し、次回は必勝態勢で臨みたいと思います。


ラッキーバンク


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


【関連記事】

Lucky Bank 法人口座開設
Lucky Bank(ラッキーバンク)とは

過去の記事(祝!宅建士合格2016/12/9)でご案内した通り、こじかは平成28年度の宅地建物取引士の資格試験に初めて挑戦し合格しました。


1.登録実務講習とは

宅建試験に合格しただけでは宅地建物取引士を名乗れません。受験した受験地の都道府県知事の「登録」及び宅地建物取引士証の「交付」を受けて初めて宅建業の仕事ができるようになります。

「登録」や「交付」を受けなくとも合格資格は無効になりませんが、せっかく合格したのですから宅地建物取引士証をゲットするまでやってみようと思いました。

当面宅建業の仕事をする予定がなくても、「登録」だけはやっておいたほうがよいとフォーサイトの窪田義幸先生がDVDの講義で熱く語っていました。おそらく「登録」は手続きが面倒なので、合格の勢いでやってしまったほうがよいというアドバイスなのだと思います。

「登録」を受けるには二年以上の実務経験が必要です。こじかはメーカー勤務のサラリーマンであり、宅建業の実務経験は全くありません。そんな人にも救済措置が用意されています。それが登録実務講習です。


2.登録実務講習の実施機関

登録実務講習は国土交通大臣登録の実施機関で受けることが出来ます。

登録実務講習実施機関一覧(国土交通省 平成28年8月5日現在)
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000068.html

こじかはLEC東京リーガルマインドで登録実務講習を受けることにしました。受講料はクレジットカード決済で20,500円。どの機関で受講しても受講料にそれほど差が無いようです。

合格発表直後の2016年12月初旬にLECのWebサイトで申し込み、2017年1月中旬にスクーリングを受講しました。8時間のスクーリングを二日間受講しました。

スクーリングの最後に修了試験が行われ、2週間後には登録実務講習修了証が郵便で送られてきました。この修了証が二年以上の実務経験を要件とする「登録」の免罪符となります。

jitsumu2017.png

登録実務講習の内容は後日記事にしたいと思います。






【関連記事】

宅建士一発合格した勉強法(4)受験対策編
宅建士一発合格した勉強法(3)ツール編
宅建士一発合格した勉強法(2)科目編
宅建に一発合格した勉強法(1)基本編

祝!宅建士合格
宅建士の受験が終わりました
宅建士の受験勉強四ヶ月経過
宅建士を受験します