FC2ブログ
今月の概況

トータル 58,260円の利益、4.7%プラス利回りで着地。
24時間スキャルのSteady Winnerが単月ベースで過去最高益を達成し(しかも2ヶ月連続!)、EA全体の成績でも過去2番目の大きな利益をもたらしました。

6月16日の記事(FX専用 米国設置VPS)で紹介したように、6月から、使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」を契約し、そちらでMT4を稼動させています。

先月、Cash Back Forex 等IB(イントロデューシング・ブローカー)からのキャッシュバックがPaypal口座に入金されないと報告しましたが、Paypal口座で認証の不備があり入金拒否となっていることが判明しました。再認証したところ、これまで通り入金されました。


今月のMVP

今月の月間MVPはSteady Winnerです。
先月過去最高益を更新したのですが、その過去最高益をさらに2.5倍も上回る圧倒的な好成績で過去最高益を更新しました。ストップにかかるような損失を出すことも無く、通常月の2倍近いトレード数でしっかりと利益を積み上げました。単月ベースの利回りは16%に達し、スキャルピングEAとは思えない、とてつもない成績です。正に金字塔ですね。

なお、使用しているバージョンは未だに4.22。EUR/USDのほかにサポート外のGBP/USDも動かしての結果です。
SteadyWinner_EA
紹介記事


EAごとの結果
(単位:円)
EA売買利益Lot 数利回り※
HAWK-810.01-0.8%
FALCON---
ESC---
Steady Winner88,8570.5516.2%
WallStreet Forex Robot-23,5870.60-3.9%
Forex WindFall-7,8340.06-13.1%
Million Dollar Pips9050.024.5%
合 計58,2601.254.7%
※ 証拠金10万円に対し、1万通貨(0.1Lot)で1ヶ月運用した場合の利回り

(主要EAの口座ごとの結果)
Steady WWallstreetWindFall
Pepper ER18,044-2,279-2,252
AxiTrader22,329-6,785-2,712
ThinkForex14,337-7120-
EXNESS14,1042,376-
SynergyFX18,378-9779-2,870
Forex.com1,665--
合計88,857-23,587-7,834


(朝スキャル)

HAWK
今月からPepprestoneで稼動し微損。最低ロットでの稼動です。

FALCONESC
先月に続き稼動を停止しました。次月の稼動予定はありません。


(24hスキャル)

Steady Winner
Pepprestone(EDGE Razor)、AxiTraderThink Forex、EXNESS、SynergyFX(Goldmember ECN)、Forex.com JP、で稼動。
上表の通り、どの口座でも稼ぎまくった夢のような一ヶ月でした。正に爆益というに相応しい稼ぎっぷりです。AxiTraderが最も稼ぎ、SynergyFX(Goldmember ECN)、Pepprestone(EDGE Razor)と続きます。
例外はForex.com JPです。6月23日の記事(ブローカー約定品質比較)で紹介したように、Forex.com Japanプロスプレッド口座はNGと判断し、月中に運用を停止しました。次月は稼動させない予定です。
Steady Winnerは約2,500円という廉価で購入し、二年以上経過してもなお、旧バージョンで過去最高益を更新し続ける驚異のEAです。

WallStreet Forex Robot
Pepprestone(EDGE Razor)、AxiTraderThink Forex、EXNESS、SynergyFX(Goldmember ECN)で稼動。
こちらは一転して過去最大の損失を被り、先月の利益を見事に吹き飛ばしてしまいました。口座単位ではEXNESSのみプラス着地、Pepprestone(EDGE Razor)が軽微な損失、その他の口座は大きくマイナスに転じました。
今月の特大DDの原因は、GBP/USD 2発、AUD/USD 3発、合計5発ものストップロスです。さしずめストップ祭りですね。特に、AUD/USD 3発は初発から24時間程度の間に3連発を喰らったため、たまらずAUD/USDのロット設定を下げてしまいました。われながら見事なチキンっぷりです。
こじかはストップを40pipに設定しているので、5発喰らうと200pipの損失、金額にして一口座当たり2万円以上の損失が発生します。運用している5口座で必ずしも5発喰らったわけではありませんが、ストップ分だけで合計8万円を超える特大損失となりました。結局、2万円程度の損失に着地したということは、損失の裏側で5万円以上の利益を上げた計算になります。それはそれで頼もしいですね。
EXNESSはストップが3回、Pepprestone(EDGE Razor)はストップが4回でした。これらの結果から、一月3回までのストップロスなら何とかイーブンまで持っていく能力がこのEAにはあると思われます。2~3回のストップならプラスに転じたことが過去に何度かあります。
いずれにせよ、今月はこのEAにとって不得意な相場でした。ポテンシャルは非常にに高いEAなので次月は取り返してくれるでしょう。

Forex WindFall
Pepprestone(EDGE Razor)、AxiTrader、SynergyFX(Goldmember ECN)で稼動。
比較的大きな損失となりました。損失の原因は6月6日に発生したAUD/USDの1発で160pipのストップロスです。不覚にもストップロスの設定を忘れており、今回のストップを喰らって初めて気づきました。このEAのストップロスは、こじかの設定を例に40pipなら"0.0040"と入力し設定します。仮に"40"と入力してしまうと、400,000pipとストップロスを設定したことになるので注意が必要です。
今月は取り引数が多く、前述のストップが40pipで収まっていればプラスで着地したかもしれません。一口座あたり0.02ロットの試験運用中でよかったです。ロットを上げるのは、もう少し使い方に慣れ、EAの癖をつかんでからにします。

Million Dollar Pips
今月からPepprestone(EDGE Razor)+使えるねっと「FX専用 米国設置VPS」の環境で稼動させました。
小さいながらプラスで着地です。何より今月は内容が素晴らしい。EUR/USDとUSD/JPYの通貨ペアで合計300回ものトレードがありました。2011年にThinkForexで取引させていた頃のような、このEAの本来の姿を久々に見ることが出来ました。利益が小額なのは0.01ロットでトレードさせているからで、この調子でトレードするならばどんどんロットを上げて行きたいところです。
Pepprestone(EDGE Razor)の約定品質が高いのはもちろんの事、その約定品質を最大限に活かせるVPS環境を手に入れた結果だと思います。日本国内に設置されたサーバーでは無理かもしれません。


結果詳細

レード記録 2013年6月             2013年6月のトレード結果

レード記録 2013年6月【累計】EA           トレード結果 累計(32ヶ月間)

レード記録 2013年6月【CashBack】           キャッシュバック 累計(32ヶ月間)





【関連記事】

WallStreet Forex Robot
SteadyWinner 世界一ゆる~いEA
HAWK 2011年のNo.1 EA

FX専用 米国設置VPS
ブローカー約定品質比較

トレード結果 2013年5月
トレード結果 2013年4月
トレード結果 2013年3月
トレード結果 2013年2月
トレード結果 2013年1月
トレード結果 2012年12月
トレード結果 2012年11月
トレード結果 2012年10月
トレード結果 2012年9月
トレード結果 2012年8月
トレード結果 2012年7月
トレード結果 2012年6月
トレード結果 2012年5月
トレード結果 2012年4月
トレード結果 2012年3月
トレード結果 2012年2月
トレード結果 2012年1月
トレード結果 2010年11月~2011年12月

スポンサーサイト
 AUD/USD スワップ概要

AUDUSDスワップ 6月23日グラフ

今週のAUD/USDスワップは全体として下げ止まった感じです。
首位のFxProと二位のライブスター証券がやや上向き、アイネットFXと最下位のFXCMジャパンプレミアム口座は横ばいです。サイバーエージェントの外貨exとDMM.com証券は依然下落に歯止めがかからず、最下位のFXCMジャパンプレミアム口座との接触が視野に入ってきました。


 AUD/USD スワップ履歴
 AUDUSDスワップ 6月23日
   日付は週はじめの日曜日を示しています。


FxPro

FxProは、ブローカーランキング2011およびブローカーランキング2012で2年連続3位にランキングしたお勧めブローカーです。

FxProのJPY口座とSkrill(スクリル)のJPY口座を組み合わせると、入出金手数料や為替手数料がかかりません。

新生銀行なら格安で送金できます。

FxProは、Cash Back Forex 経由で口座開設すると、キャッシュバックでさらにお得です。

FxPro_logo



【関連記事】

AUD/USDスワップ 2013/6/16-6/22
AUD/USDスワップ 2013/6/9-6/15
AUD/USDスワップ 2013/6/2-6/8

ブローカーランキング2012
ブローカーランキング2011

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
無料で海外送金できた
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


Pepperstone_logo EXNESS 
AxiTrader ThinkForex 
Forex.com ロゴ 

国内外5つのブローカーの約定品質を、ライブ口座におけるスキャルピングEAの自動売買結果で比較・評価してみました。(単位:円)
比較結果

結果、Pepperstoneがダントツ、ぶっちぎりの一位でした。一位から少し離されて、AxiTraderThinkForex、EXNESSと続きます。過去マンスリーのトレード結果報告において、Pepperstoneが頭一つ飛び出していると何度か表現しましたが、今回の比較結果はそれを裏づけるものとなりました。

Pepperstoneの強さは特にGBP/USDで発揮されます。評価に使用したEA:SteadyWinnerは、サポート通貨ペアのEUR/USDよりもサポート対象外のGBP/USDの方が好成績であると過去の実績から分かっており、GBP/USDにおける評価が全体の評価につながっています。

一方AxiTraderThinkForex、EXNESSのGBP/USDのトレード結果にはほとんど違いはありませんでした。違いはEUR/USDによるものです。AxiTraderにいたっては、EUR/USDにおいて、僅差ですがPepperstoneを凌駕する成績となっています。別のEAではAxiTraderPepperstoneの結果が同等であることが多く、それはEUR/USDの約定品質に起因すると思われます。

ThinkForexは癖の無い平均的な成績となりました。こじかはブローカーの約定品質を評価する際にThinkForexを標準と定めています。ThinkForexより成績が良いか悪いかで約定品質の良し悪しを決めてきました。今回の結果はThinkForexを標準とするモノサシが大よそ妥当であることを示しています。


評価に使用した口座
  1. Pepperstone EDGE Razor (JPY, 1:400)
  2. AxiTrader Standard (JPY, 1:400)
  3. ThinkForex (JPY, 1:200)
  4. EXNESS (JPY, 1:2000)
  5. Forex.com Japan Proスプレッド (JPY, 1:25)
評価に使用した口座は全てライブ口座です。デモ口座ではありません。口座通貨は全てJPY(円口座)です。


品質評価方法
  • EA: SteadyWinner Version 4.22-SmartMM_mod3
  • Lot: 0.1(固定)
  • 通貨ペア: EUR/USD、GBP/USDの二つ
  • 評価期間: 2013/3/3~2013/6/21までの16週(実質13週)
  • 口座種別: ライブ口座
約定品質はEAによる自動売買の結果を比較して評価しました。評価対象のブローカーの口座では全て同じ条件でトレードさせています。
評価期間は16週ですが、ゴールデンウィークで1週、VPSのトラブルにより5月後半に2週、合計3週分トレードを行っていないため、実質13週での評価となります。


トレード結果詳細

1位 Pepperstone EDGE Razor
Pepperstone結果

2位 AxiTrader Standard
AxiTrader結果

3位 ThinkForex
ThinkForex結果

4位 EXNESS
EXNESS結果

5位 Forex.com Japan Proスプレッド
Forex.com Japan結果


ブローカー雑感

Pepperstoneブローカーランキング2012で一位にランキングされたブローカーです。今回の結果はランキングの評価を裏付けるものとなりました。
クレジットカードやSkrill(スクリル)のJPY入金に対応しているだけでなく、三井住友銀行経由の国内銀行送金(JPYのみ)により入金可能となっています。また、EDGE口座ではWeb画面からの口座間資金移動に対応するなど、充実した環境を提供しています。また、2012年4月13日の記事で紹介したように、スピーディーで的確な日本語によるサポートを受けることが出来ます。
このように、約定品質がトップレベルであることに加え、サポートを含む環境面の充実が他のブローカーの追随を許しません。こじかがブローカーを一つに絞るとしたら迷うことなくPepperstoneを選択します。

AxiTraderは2013年に入って口座を開設し2月から取引を開始したブローカーです。スキャルピングの約定品質は時にPepperstoneを凌駕することさえある非常にポテンシャルの高いブローカーです。最近のオーストラリアのブローカーはレベルが高いですね。
そして最近、Pepperstoneと同様に三井住友銀行経由の国内送金による入金が可能となりました。スキャルピング向きのブローカー上位二社が共に国内送金に対応するというのは素晴らしいことだと思います。

ThinkForexSkrill(スクリル)の入金が無料で出来る貴重なスキャルピング向きブローカーです。Skrill(スクリル)での入金がメインのこじかにとってはとても使いやすいブローカーです。

なお、Cash Back Forex経由で口座を開設するとPepperstoneAxiTrader0.30Pip/Lot、ThinkForex$3.00/Lotのキャッシュバックを受け取ることが出来ます。特に今回評価に使用すしているSteady Winnerは、EUR/USDとGBP/USDの通貨ペアで同時に稼動させた場合、1週間に10回程度はトレードするので、キャッシュバックだけでもバカにならない金額になります。当たり前ですが、本記事の成績にはキャッシュバックの金額は含まれていません。





【関連記事】

SteadyWinner 世界一ゆる~いEA
VPSでMT4回線不通

ブローカーランキング2012

AxiTrader口座開設

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


 AUD/USD スワップ概要

AUDUSDスワップ 6月16日グラフ

今週のAUD/USDスワップはやや下げ止まりの様相です。
首位のFxProとアイネットFXが下げ止まり、最下位のFXCMジャパンプレミアム口座は先週の下げを取り戻しました。そのほかの国内勢は依然下落に歯止めがかからない状況です。

 AUD/USD スワップ履歴
 AUDUSDスワップ 6月16日
   日付は週はじめの日曜日を示しています。


FxPro

FxProは、ブローカーランキング2011およびブローカーランキング2012で2年連続3位にランキングしたお勧めブローカーです。

FxProのJPY口座とSkrill(スクリル)のJPY口座を組み合わせると、入出金手数料や為替手数料がかかりません。

新生銀行なら格安で送金できます。

FxProは、Cash Back Forex 経由で口座開設すると、キャッシュバックでさらにお得です。

FxPro_logo



【関連記事】

AUD/USDスワップ 2013/6/9-6/15
AUD/USDスワップ 2013/6/2-6/8
AUD/USDスワップ 2013/5/26-6/1

ブローカーランキング2012
ブローカーランキング2011

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
無料で海外送金できた
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


FX専用 米国設置VPSキャンペーン!

2013年6月、使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」シルバープラン(メモリー1G)を契約し、MT4の自動売買に利用しています。使い始めてまだ2週間ですが、2013年5月まで、24ヶ月利用したお名前.comの「Windowsデスクトップ」1GBと比較しながら特徴や使用感を報告したいと思います。

2013年5月26日の記事(VPSでMT4回線不通)で報告したように、2013年5月20日(月)からMT4が回線不通となり全てのEAが停止となりました。その時利用していたのがお名前.comの「Windowsデスクトップ」1GBで、6月16日現在も回線不通が継続しています。このような事情からVPSを乗り換えるに至りました。


 VPS概要

使えるねっとお名前.com
プランFX専用 米国設置VPS シルバーWindowsデスクトップ 1GB
設置米国NYSE40km圏内日本国内
メモリー1GB1GB
契約期間1ヶ月1ヶ月
支払額2,980円2,142円 (2,520円)
初期費用無料無料

二つのサービスの大きな違いは設置場所です。
こじかはPepprestone(EDGE Razor)やAxiTraderといったニューヨークにサーバーを設置するFXブローカーを主力として利用しており、また、Million Dollar Pipsのような環境を選ぶスキャルピングEAを利用しているので、常々FXブローカーのサーバーに近接する場所にVPSを借りたいと考えていました。当然米国にはそのようなニーズを満たすVPSがありますが、こじかは英語に自信が無く、何かトラブルが起きた時のことを考えると日本語で対応可能なサービスを選択した次第です。

お名前.comにもWindowsデスクトップの後継サービス(デスクトップクラウド)に米国設置のVPSがあるのですが、今回のVPS変更の理由を考えれば選択できるはずもありません。

もう一つの大きな違いは支払額です。
使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」シルバープランは2,980円/月、お名前.comの「Windowsデスクトップ」1GBは2,142円/月、一月あたりの支払額が838円多くなってしまいました。一年間で約1万円の出費増となります。

ちなみに、お名前.com「Windowsデスクトップ」1GBの金額はキャンペーンで契約したため15%ほどディスカウントされた金額になっています。通常価格は2,520円だったと思います。現行のデスクトップクラウドの価格と同じですね。通常価格どおしで比較すると、価格差は一月あたり460円になります。それでも500円近くの価格差があります。コスト面ではお名前.com有利ですね。


 FX専用 米国設置VPSの使用感

使えるねっと「FX専用 米国設置VPS」のファーストインプレッションは”もっさり”といった感じがぴったりです。米国のしかも東海岸に設置されているためでしょう、とにかくリモートデスクトップの操作がワンテンポ遅れる感じです。5月まで利用していたお名前.com「Windowsデスクトップ」は国内設置で通信インフラも素晴らしく、ほとんどLAN上のサーバーをリモートデスクトップで利用する快適さを享受していましたから、この差は歴然です。

しかしながら、VPS契約の利用目的はMT4の自動売買であり、リモートデスクトップのもっさり感は減点ではありません。印象としてはキビキビ動くことに越したことはありませんけど。

使えるねっと「FX専用 米国設置VPS」で驚いたことがあります。初期状態のメモリー消費の少なさです。なんと、こじかの環境では初期状態のメモリー消費が158MB、200MBを切る消費量です。1GBのプランといっても実際には800MB程度の消費が限界でしょうから、600MBのメモリーをMT4に利用可能です。こじかはMT4プログラム一本当たり50MB消費すると想定しているので、実に12本のMT4を立ち上げることが出来ます。

一方、お名前.com「Windowsデスクトップ」の初期状態のメモリー消費は500MB前後だったと記憶しています。同じく800MBを限界とすると、MT4で使えるのは300MB、6本のMT4しか立ち上げることができません。2GBや4GBの大容量プランでは気になりませんが、1GBのような貧弱なプランでは初期状態のメモリー消費がサービス品質に大きく影響します。この点を考慮すると、お名前.com「Windowsデスクトップ」1GBプランが単純に割安とは言えないことが分かりました。

余談ですが、2013年5月20日(月)からの回線不通の対応で、お名前.com「Windowsデスクトップ」のOSを再インストールしたところ、初期状態のメモリー消費が500MBから700MBに上昇してしまいました。800MBまで100MBしか余裕がなく、2本のMT4しか立ち上げられません。結局、回線不通は解消せず、OSの再インストールは無駄なあがきに終わりました。解約してしまったのでどうでもいいことですけど。

(図: 使えるねっと「FX専用 米国設置VPS」シルバープラン)
tsukaeru-0.gif


 FX専用 米国設置VPSのメモリー消費

使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」シルバープランで、実際にMT4を複数立ち上げた時のメモリー消費の様子をまとめてみました。初期状態の158MBをスタートに8本のMT4、42枚のチャート(EA)を開いた時のメモリーは486MBでした。

さらにMT4を起動し10本以上立ち上げると、リモートデスクトップのレスポンスが極端に悪くなりました。”もっさり”から”カクカク”といった感じです。メモリーやCPUには余裕があり原因は不明ですが、余裕を見て8本で実際に運用しています。

MT4
(本)
チャート
(枚)
メモリー
(MB)
タスク
マネージャー
0158画像0
16201画像1
22231画像2
38273画像3
48318画像4
52374画像5
68405画像6
76447画像7
82486画像8
合計42328


 お名前.com Windowsデスクトップについて

MT4の回線不通によりVPSを乗り換えることになったため、全体としてお名前.comをネガティブな論調で記事にしていますが、決して悪いVPSではないと思います。

MT4の回線不通トラブルにしても、お名前.comが原因かどうかは不明であり障害というわけではなさそうです。ヘルプデスクの対応も親切丁寧で問題ありません。事実、こじかは2013年5月までの24ヶ月間、何の不満も感じずに利用してきました。ローカルと間違えるほどサクサク動くリモートデスクトップ。コストパフォーマンスの点でも満足していました。競争が激しい業界にあって、24ヶ月間利用者を満足させたというのは素晴らしいことです。

そう考えると、今回の回線不通トラブルが解決できず、VPSを乗り換えねばならなくなった事は残念でなりません。トラブルで他社のサービスに乗り換えるに至ったので、お勧めするわけにはいきませんが、主に国内のFXブローカーを使用していて、2~3本のMT4を立ち上げるような使い方をする方にとっては有力な選択肢だと思います。もちろん、回線不通トラブルが発生していないことが前提ですが。


 雑感、妄想

前述の通り、こじかはPepprestone(EDGE Razor)やAxiTraderといったニューヨークにサーバーを設置するFXブローカーを利用しています。使えるねっと「FX専用 米国設置VPS」を選択した理由の一つは、ニューヨーク近郊に設置されているサーバーであることは間違いありません。

一方で、ThinkForexやEXNESS、SynergyFX(Goldmember ECN)のようにUKにサーバーを設置しているFXブローカーも利用しており悩ましいところです。使えるねっとさん、迷えるこじかを救うため「FX専用 英国設置VPS」サービスを開始してください(笑)。米・英セット価格4,980円とかで出されたら飛びついてしまいそうです。


FX専用 米国設置VPSキャンペーン!

【関連記事】

VPSでMT4回線不通

 AUD/USD スワップ概要

AUDUSDスワップ 6月9日グラフ

今週のAUD/USDスワップは下落傾向が継続しています。
FxProの値崩れが激しく二位のライブスター証券と接触寸前です。同時に最下位のFXCMジャパンプレミアム口座も大きく下げたため、首位-最下位のサヤは変化無しです。しかし、国内上位勢が踏ん張っているので、二位のライブスター証券と最下位のFXCMジャパンプレミアム口座では、サヤが20円を超えています。一年間のスパンで見てもライブスター証券の高値安定ぶりは目立ちますね。

 AUD/USD スワップ履歴
 AUDUSDスワップ 6月9日
   日付は週はじめの日曜日を示しています。


FxPro

FxProは、ブローカーランキング2011およびブローカーランキング2012で2年連続3位にランキングしたお勧めブローカーです。

FxProのJPY口座とSkrill(スクリル)のJPY口座を組み合わせると、入出金手数料や為替手数料がかかりません。

新生銀行なら格安で送金できます。

FxProは、Cash Back Forex 経由で口座開設すると、キャッシュバックでさらにお得です。

FxPro_logo




【関連記事】

AUD/USDスワップ 2013/6/2-6/8
AUD/USDスワップ 2013/5/26-6/1
AUD/USDスワップ 2013/5/19-5/25

ブローカーランキング2012
ブローカーランキング2011

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
無料で海外送金できた
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


 AUD/USD スワップ概要

AUDUSDスワップ 6月2日グラフ

今週のAUD/USDスワップは下落傾向が継続しています。
グラフの縦軸が130円から110円に縮小しグラフ全体の印象が変わりました。直近1年間はそれだけ狭いレンジでAUD/USDスワップが推移したということでしょう。

アイネット証券が値を崩し、ついにDMM.com証券に並んでしまいました。昨年12月付近のスパイクとは異なり、今回のDMM.com証券は値が安定していますから、もはやDMM.com証券でショートポジションを取るのは得策ではなくなったと言えるでしょう。残るショート組はFXCMジャパンプレミアム口座のみとなりました。FXCMジャパンプレミアム口座はスプが広く、手数料相当分をサヤから取り返すのに多くの日数を費やさねばなりません。


 AUD/USD スワップ履歴
 AUDUSDスワップ 6月2日
   日付は週はじめの日曜日を示しています。


FxPro

FxProは、ブローカーランキング2011およびブローカーランキング2012で2年連続3位にランキングしたお勧めブローカーです。

FxProのJPY口座とSkrill(スクリル)のJPY口座を組み合わせると、入出金手数料や為替手数料がかかりません。

新生銀行なら格安で送金できます。

FxProは、Cash Back Forex 経由で口座開設すると、キャッシュバックでさらにお得です。

FxPro_logo




【関連記事】

AUD/USDスワップ 2013/5/26-6/1
AUD/USDスワップ 2013/5/19-5/25
AUD/USDスワップ 2013/5/12-5/18

ブローカーランキング2012
ブローカーランキング2011

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
無料で海外送金できた
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


今月の概況

トータル 53,005円の利益、4.5%プラス利回りで着地。
24時間スキャルのSteady Winnerが単月ベースで過去最高益を達成し、WallStreet Forex Robotが過去2番目の利益を稼ぎ出しました。EA全体の成績でも過去2番目の大きな利益をもたらしました。

5月26日の記事で紹介したように、こじかが利用しているVPS(お名前.com Windowsデスクトップ)でMT4が回線不通となったため、5月20日(月)から全てのEAが稼動できない状態に陥りました。上記の成績は5月17日(金)までのものですが、5月初旬はゴールデンウィークのため稼動を中止しており、5月8日(水)からの8営業日が実質的な稼動期間でした。

EAの稼動を再開するため、使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」を契約し、6月はこちらでトレードする予定です。
なお、5月末現在でもMT4が回線不通となったままの「お名前.com Windowsデスクトップ」は解約しました。原因や責任の所在は現時点では不明ですが、目的とする効用を全く得られないサービスにお金を払うつもりはありません。そして何より、ヘルプデスクにこじかと同じ状況に陥った利用者が多数問い合わせをしているにも関わらず、ウェブサイトやメール等で事象の報告が無い事に大きな疑問を感じました。

こじかは、Cash Back Forex 、Forex Trading Choice、The Aslan Groupの3つのIB(イントロデューシング・ブローカー)を利用しています。毎月初旬にそれぞれのIBからPayPalにキャッシュバックが入金されるのですが、今月はどのIBからも入金がありませんでした。取引は継続しているしキャッシュバックはあるはずなのですが・・・こんなことは初めてです。

5月は何かと不思議なことが起こるものですね。


今月のMVP

今月の月間MVPはSteady Winnerです。実質8営業日の短い稼動期間ながら単月ベースで過去最高益をたたき出すという快挙を成し遂げました。単月ベースで6%の利回り(※)を超えたというのはチョッと記憶にありません。
使用しているバージョンは未だに4.22。EUR/USDのほかにサポート外のGBP/USDも動かしての結果です。
SteadyWinner_EA
紹介記事

惜しくも単月ベースで過去2番目の結果となったWallStreet Forex Robotを準MVPとします。今月はSteady Winnerが凄すぎて霞んでしまいましたが、普通に見れば非常に立派な成績です。
使用しているバージョンは3.9、一つ前のバージョンです。GBP/USD、EUR/USD、AUD/USDの3通貨ペアを動かしての結果です。
Wallstreet Forex Robot Full License
紹介記事


EAごとの結果

EA売買利益Lot 数利回り※
HAWK270.010.3%
FALCON---
ESC---
Steady Winner33,4270.506.7%
WallStreet Forex Robot21,7960.583.8%
Forex WindFall-500.06-0.1%
Million Dollar Pips-2,1950.02-11.0%
合 計53,0051.174.5%
※ 証拠金10万円に対し、1万通貨(0.1Lot)で1ヶ月運用した場合の利回り

(朝スキャル)

HAWK
Think Forexで稼動し微益。最低ロットでの稼動です。

FALCON
先月に続き稼動を停止しました。次月の稼動予定はありません。

ESC
先月、原因不明の損失にみまわれたため今月は稼動を中止。

(24hスキャル)

Steady Winner
Forex.com JPThink ForexPepprestone、EXNESS、AxiTrader、で稼動。実質8営業日の短い稼動ながら、過去最高益という快挙を達成しました。コストパフォーマンスという点では現役最高のEAではないかと思います。本当に素晴らしいEAです。

ブローカーごとの成績としては、Pepprestone(EDGE Razor)が頭一つ飛びぬけて稼ぎ、次いでThink Forex、EXNESS、AxiTraderと続きます。他の口座に比較してPepprestoneが飛びぬけているのはEDGE口座への変更以来続いており、EDGE口座の約定品質は本物と確信しています。

過去の記事(SteadyWinner 世界一ゆる~いEA)で紹介したように、SteadyWinnerは口座縛りがありません。そして、スキャルピングといっても、数秒・数pipで決済するのではなく、決済に60分以上の時間を要することも珍しくはありません。つまり、スキャルピングを排除するようなブローカーでも利用可能ということです。このような特性から、こじかはブローカーの約定品質の評価をSteadyWinnerで行っています。それ故、こじかがSteadyWinnerを稼動させているブローカーは約定品質が一定水準以上のものと考えることが出来ます。


WallStreet Forex Robot
Think ForexPepprestone、EXNESS、FxPro、AxiTraderで稼動。実質8営業日の短い稼動でしたが、取引の少ない月と同程度のトレード数でした。終わってみれば単月ベースで歴代2位の好成績。さすがです。

ブローカーごとの成績としては、AxiTraderPepprestone(EDGE Razor)がツートップで、EXNESSが続きます。Think Forex とFxProは上位陣では無かったストップロスが発生し利益を溶かしました。このあたりの事象はブローカーの約定品質によるものと理解しています。

それにしてもAxiTraderはWallStreet Forex Roboと相性が良いようです。僅差ではありますが、あのPepprestone(EDGE Razor)を抑えて2ヶ月連続のトップ。AxiTraderは閉鎖したFX Clearingの代わりを探してたどり着いたブローカーですが、探した甲斐があるというものです。入出金に難のあるブローカーですが、日本の銀行経由で入金可能となる旨先日メールで案内がありました。こういうサービス向上は嬉しい限りです。


Forex WindFall
Pepprestone、EXNESS、AxiTraderで稼動。稼動期間が短いのが災いし、ほとんどトレードがありませんでした。


Million Dollar Pips
SynergyFX(Goldmember ECN)で稼動。損失で着地しました。
次月はPepprestone(EDGE Razor)で稼動させようと思います。6月から利用予定の使えるねっと「FX専用 米国設置VPS」は、Pepprestoneサーバーが設置されているニューヨーク付近に設置されていると聞きます。SynergyFXのロケーションはUKなので、VPSとMT4サーバーの相性を考慮してPepprestoneでの稼動を決めました。

さて、環境も整ってきましたので、次月こそMillion Dollar Pipsの本領を発揮して欲しいところです。


結果詳細

レード記録 2013年5月            2013年5月のトレード結果

レード記録 2013年5月【累計】EA          トレード結果 累計(31ヶ月間)

レード記録 2013年5月【CashBack】          キャッシュバック 累計(31ヶ月間)





【関連記事】

WallStreet Forex Robot
SteadyWinner 世界一ゆる~いEA
HAWK 2011年のNo.1 EA

VPSでMT4回線不通

トレード結果 2013年4月
トレード結果 2013年3月
トレード結果 2013年2月
トレード結果 2013年1月
トレード結果 2012年12月
トレード結果 2012年11月
トレード結果 2012年10月
トレード結果 2012年9月
トレード結果 2012年8月
トレード結果 2012年7月
トレード結果 2012年6月
トレード結果 2012年5月
トレード結果 2012年4月
トレード結果 2012年3月
トレード結果 2012年2月
トレード結果 2012年1月
トレード結果 2010年11月~2011年12月

 AUD/USD スワップ概要

AUDUSDスワップ 5月26日

今週のAUD/USDスワップは下落傾向が継続しています。首位FxProの下落が最も大きく、10円下げています。一方、最下位のFXCMジャパンプレミアム口座も3円以上下げたため、何とか20円以上のサヤを確保しています。

以前、FxProのスワップは非常に安定しているのが特徴的でした。しかし2013年に入ってからは乱高下を繰り返すようになっています。スワップ自体も国内トップ勢に対して圧倒的な差をつけていましたが、昨年10月の大暴落以来国内勢とあまり変わらない状態です。

 AUD/USD スワップ履歴
 AUDUSDスワップ 5月26日グラフ
   日付は週はじめの日曜日を示しています。


FxPro

FxProは、ブローカーランキング2011およびブローカーランキング2012で2年連続3位にランキングしたお勧めブローカーです。

FxProのJPY口座とSkrill(スクリル)のJPY口座を組み合わせると、入出金手数料や為替手数料がかかりません。

新生銀行なら格安で送金できます。

FxProは、Cash Back Forex 経由で口座開設すると、キャッシュバックでさらにお得です。

FxPro_logo




【関連記事】

AUD/USDスワップ 2013/5/19-5/25
AUD/USDスワップ 2013/5/12-5/18
AUD/USDスワップ 2013/5/5-5/11

ブローカーランキング2012
ブローカーランキング2011

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
無料で海外送金できた
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは