FC2ブログ
訂正記事 (2014/2/8)
http://arb48.blog.fc2.com/blog-entry-218.html
この記事は古いため誤った内容を含みます。上の記事とあわせてお読みください。


AxiTrader


2013年2月現在、こじかがスキャルピングに利用するメインのブローカーはPepperstone、Exness、Think Forexです。以前はFxClearingがこの列に加わっていました。2013年1月初旬にFXClearingから撤退したため(関連記事)、その代わりとなるようなスキャルピング向きのブローカーを探していました。

今回、新規に口座を開設したのはオーストラリアのブローカー"AxiTrader"です。まだ使い始めて数週間ですが、朝スキャ、24時間スキャともなかなかの成績です。変な癖が無く、感覚的にはThink Forexと同程度の成績が出るように思います。


AxiTraderの特徴

スタンダード口座とプロ口座の2種類の口座があります。
こじかが新規開設したのはスタンダード口座で、最大レバレッジ400倍、最低ロット0.01、口座開設必要証拠金$200、口座通貨JPY選択可能といった特徴があります。プロ口座のほうは、最低ロット0.1、口座開設必要証拠金$1,000、それと取引ごとに手数料が$7発生します。


AxiTraderの入出金

Skrill(MoneyBookers)、クレジットカード(VISA,Masterのみ)、銀行送金の三つの入金方法が選べます。ただし、SkrillはUSD、GBP、EURしか対応しておらず、こじかが選択したJPY口座では入金できません。それとSkrillの入金は2.89%の手数料がかかります。SkrillのJPY送金NGは非常に残念ですね。機会があればJPY送金できるようリクエストしようと思います。

クレジットカードの入金はJPY口座に対応しています。初回入金は手数料がかかりませんが、二回目以降は3.2%と比較的高い手数料がかかります。なお、クレジットカードで入金したお金を出金する場合、入金額まではクレジットカードに返金し、それ以上は銀行送金になります。よくあるパターンですね。

AxiTraderに限ったことではありませんが、スキャル向きのブローカーは入出金環境がよくありません。クレジットカードがJPY送金に対応していて、初回手数料無料なのがせめてもの救いです。


口座開設と日本語サポート

残念ながらAxiTraderのウェブサイトは日本語化されておりません(2013年2月現在)。口座開設も全て英語になります。しかしながら、日本語によるメールサポートがあり、訓練された日本人が窓口なのでとても安心です。それと日本語サポートから日本語で書かれた20ページにおよぶ詳細な口座開設マニュアルを入手しました。無断でブログ等に掲載することは禁ずる旨が明記されているため、ブログにファイルをアップロードすることは出来ませんが、必要な方は「非公開コメント」の機能を利用しメールアドレスを記載の上コメントを投稿してください。確認後、記載のメールアドレス宛に添付ファイル(PDF)で口座開設マニュアルを送信します。

さて、実際の口座開設ですが、記入内容は一般的なものばかりですから、海外ブローカーの口座開設経験者なら口座開設マニュアルが無くても迷うことはないでしょう。とわいえ若干迷いやすい点が3つほどありその点を以下に説明します。

先ず、口座開設の途中、Individual Application - Section 2 of 5 <Nominated Bank Account> と表示されるページでは、銀行口座の登録を答えます。こじかは"No"にチェックしました。"No"が初期値です。"Yes"にチェックすると銀行口座情報を入力しなければならず面倒です。日本語サポートが充実していますから、銀行口座の情報は口座開設後でも十分可能でしょう。

次に、Individual Application - Section 3 of 6 <Authorised Representative> と表示されるページでは、第三者の口座代理人を指定するか否かを答えます。こじかは"No"にチェックしました。"No"が初期値です。

最後に、Individual Application - Section 6 of 6 <Conditions and Acceptance> と表示されるページでは、PINコードの入力を求められます。事前に入力したメールアドレス宛に4桁のPINコードが通知されているはずなのでそれを入力します。もし、通知メールが届いていない場合、PINコード入力欄右側の"click here"をクリックすると通知メールが再送されます。


クレジットカード入金トラブル

こじかは口座開設はスムーズだったのですが、クレジットカードの入金でつまづきました。クレジットカードの入金はMT4のログインIDとパスワードを入力し専用のページにアクセスして行うのですが、当初、何度ログインしてもエラーページしか表示されませんでした。

「縁が無かったか」と諦め放置していたところ、2週間ほど経過したある日、日本語サポートから連絡がありました。問題を報告したところシステムトラブルの影響と分かり復旧してもらいました。復旧まで更に2週間程度かかりました。日本語サポートは的確でしっかりしているのですが、会社としての対応はのんびりしています。同じオーストラリアでもPepperstoneの迅速な対応とは対照的ですね。

2013/01/05(土) 口座開設手続き
2013/01/07(月) 口座番号等メール受信、クレカ入金トラブル、放置
2013/01/24(木) 日本語サポートからメール受信
2013/02/06(水) 復旧メール受信、クレカ入金完了
2013/02/07(木) ボーナス入金、取引開始

結局、クレジットカードで2万円入金し、手数料を取られること無く2万円が口座に着金しました。それと、トラブルのお詫びとして2万円のボーナスが付与され、合計4万円の証拠金で取引を開始しました。


キャッシュバック

AxiTraderは、Cash Back Forex 経由で口座開設すると 0.3pipのキャッシュバックを受け取ることが出来ます(2013年2月現在)。 0.3pipはThinkForexやPepperstoneと同じですね。



AxiTrader



【関連記事】

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


FX Clearingからの撤退
Pepperstoneのサポート

スポンサーサイト
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/16(Wed) 09:00 |  |  | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/06(Thu) 12:45 |  |  | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/28(Fri) 18:33 |  |  | [編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: