FC2ブログ
Skrill - Moneybookers

Skrill (Moneybookers)は海外のFXブローカーを使う上でとても便利な資金決済サービスです。このサービスがこじかの資金移動のメインであり、このブログでも度々紹介してきました。(紹介記事

こじかが口座開設しているブローカーの中で、Skrill (Moneybookers)に対応しているブローカーの一覧を作成してみました。一口にSkrill (Moneybookers)対応といっても、Skrill (Moneybookers)とブローカーの口座通貨の組み合わせ、Skrill (Moneybookers)による出金の可否、手数料など考慮すべき要素が複数あります。

なお、この記事は、Skrill (Moneybookers)の口座通貨はJPY、FXブローカーの口座通貨も原則JPY、資金移動のコストは最小限に、というこじかの環境をもとにかかれています。


Skrill対応一覧

ブローカーJPYUSDEUR出金手数料
FxPro-
TradingPoint-
IronFX-
Liquid Markets-
Think Forex出1,500円
I am FX×出?
HotForex×-
Pepperstone×入3%/出20豪$
AxiTrader入2.89%
EXNESS※1入1$
AAAFx※2入2.9%+0.29€
Instaforex※3※3
JPY、USD、EURは、各通貨で入金できるかどうかを示しています。
※1 EXNESSは口座通貨をJPYで開設できますが、Skrill (Moneybookers)のJPY入金が出来ません。ただし、USDの入金を実施することで入金は可能です。Skrill (Moneybookers)の口座通貨がJPYの場合、2円以上の両替手数料が発生します。
※2 こじかが過去に出金した時の話:Skrill (Moneybookers)出金には対応していないはずが、銀行送金の出金を依頼したところSkrill (Moneybookers)で出金されました。結果オーライですが何か釈然としません。
※3 EXNESSと同様にUSDの両替でJPY口座に入金可能。


Skrill対応ブローカーの考察

FxProTradingPointIronFX、Liquid Markets の4つがJPY対応かつ入金・出金ともに手数料ゼロの理想的なブローカーです。USDやEURでよければHotForexもいいですね。ただし、この中でこじかのトレードスタイルであるスキャルピングに使えるのはFxProぐらいです。そのFxProも最低ロットが1万通貨であり若干使いにくいです。

最低ロットが千通貨でスキャルピング向きと条件を絞れば、Think Forexがおすすめです。出金手数料が1,500円かかりますが、入金手数料がかからないので比較的良心的と言えるでしょう。同条件のPepperstoneAxiTraderは入金に手数料がかかります。1~2万円程度の小額資金を高いレバレッジで運用するなら良いのですが、10万円を超える入金では手数料が嵩みます。

小額資金という前提ならEXNESSがおすすめです。入金のトータルコストはそれなりにかかりますが、小額が前提だし、なんといっても2000倍の強烈過ぎるレバレッジが使えますからね。実際こじかもEXNESSにJPYとUSDの口座を開設し、各100ドルづつ入金して運用しています。レバレッジの効果で資金が倍々に増えていきます。もちろん2000倍のレバレッジは秒殺モードですからご利用は計画的に。

InstaforexはFPAでもSCAM指定されているブローカーで全くおすすめできません。こじかは何度か使ってみましたが、なかなか約定しないし(不利な約定はする)、出金は渋る、FPAや他のブロガーの評価通りでした。


ブローカーの入金・出金に関する記事

・ FxProの入金 / Skrill編
・ FxProの出金 / Skrill編

・ IronFXの入金 / Skrill編
・ IronFXの出金 / Skrill編


Skrill - Moneybookers



【関連記事】

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
Skrill(Moneybookers)の出金

スポンサーサイト



コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: