FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こじかの資金管理の5回目です。
5回目は、未払金、借入金、資本金の紹介です。

(過去ログ案内)
1回目 資金管理の概要
2回目 FX口座管理
3回目 外貨建て口座管理と為替差損益
4回目 ソフトウェアと減価償却

前回までは資金管理シート(月別バランスシート)の資産(左側)と剰余金(右下)を紹介してきました。今回は負債(右側)の⑥~⑧の項目の紹介です。

こじかの資金管理 資金管理シート 負債・資本金



未払金

支払は確定しているものの、実際には支払われていない負債を記録します。

上図は、こじかはこじかの母から10万円借金をして、その借金の金利が毎月1%とした場合の記録です。
未払利息を1月に1000円、2月にも1000円、毎月積立ます。

すると、⑤資産合計[C8]セルと⑩負債・純資産合計[F8]セルの金額が不一致となるので、利息・その他の項目に金額を入力し、⑤と⑩を一致させます。

後日、実際に利息を払ったときは、①預金等の金額を減らし、④未払金(未払い利息)の金額も同額減らします。



未払金の応用

⑥未払金はいろいろ使い勝手のよい項目です。
次のような応用が可能です。

(1)EA代金の支払い

EAをクレカで購入した場合、④ソフトウェアと⑥未払金の項目にEA代金をそれぞれ入力します。

後にクレカの銀行引落のタイミングで①預金等の該当口座の金額を減らすとともに、予め記入しておいた⑥未払金の金額を減らします。

④ソフトウェアに記入した金額については、4回目(ソフトウェアと減価償却)に紹介した方法で分割し毎月の経費にします。


(2)未払税金の積立

その月の儲けの20%を未払税金として⑥未払金の項目に記入します。
⑨剰余金に税金の名目でマイナス入力し⑤と⑩を一致させます。

後日、実際に税金を払ったときは、①預金等の金額を減らし、④未払金の金額も同額減らします。

余談ですが、店頭FXの税制が2012年1月より「申告分離課税」へと変更されました。先物取引やCFDと損益通算でき、損失の繰越控除が3年間認められるようになりました。
詳しくは、外為どっとコムの解説をご覧ください。



借入金と資本金

⑦借入金の項目は金融機関やサラ金から借りたお金を記録するためのものではありません。そのようなお金でFXしている方は少数派だと思います。

⑦は身内から預ったり、押し付けられた場合の記入欄を想定しています。
子供の学資を確定利回りで増やす場合も⑦が良いでしょう。

一方、⑧資本金はリスクを背負ったお金です。
トレードの損失は⑧資本金がかぶることになります。
逆に、儲けは全て⑧資本金の拠出者のものです。


以上、未払金、借入金、資本金の紹介でした。






【関連記事】

こじかの資金管理 【1】概要
こじかの資金管理 【2】FX口座管理
こじかの資金管理 【3】外貨建て口座管理と為替差損益
こじかの資金管理 【4】ソフトウェアと減価償却
こじかの資金管理 【6】月次決算


スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。