FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pepperstone_logo EXNESS 
AxiTrader ThinkForex 
Forex.com ロゴ 

国内外5つのブローカーの約定品質を、ライブ口座におけるスキャルピングEAの自動売買結果で比較・評価してみました。(単位:円)
比較結果

結果、Pepperstoneがダントツ、ぶっちぎりの一位でした。一位から少し離されて、AxiTraderThinkForex、EXNESSと続きます。過去マンスリーのトレード結果報告において、Pepperstoneが頭一つ飛び出していると何度か表現しましたが、今回の比較結果はそれを裏づけるものとなりました。

Pepperstoneの強さは特にGBP/USDで発揮されます。評価に使用したEA:SteadyWinnerは、サポート通貨ペアのEUR/USDよりもサポート対象外のGBP/USDの方が好成績であると過去の実績から分かっており、GBP/USDにおける評価が全体の評価につながっています。

一方AxiTraderThinkForex、EXNESSのGBP/USDのトレード結果にはほとんど違いはありませんでした。違いはEUR/USDによるものです。AxiTraderにいたっては、EUR/USDにおいて、僅差ですがPepperstoneを凌駕する成績となっています。別のEAではAxiTraderPepperstoneの結果が同等であることが多く、それはEUR/USDの約定品質に起因すると思われます。

ThinkForexは癖の無い平均的な成績となりました。こじかはブローカーの約定品質を評価する際にThinkForexを標準と定めています。ThinkForexより成績が良いか悪いかで約定品質の良し悪しを決めてきました。今回の結果はThinkForexを標準とするモノサシが大よそ妥当であることを示しています。


評価に使用した口座
  1. Pepperstone EDGE Razor (JPY, 1:400)
  2. AxiTrader Standard (JPY, 1:400)
  3. ThinkForex (JPY, 1:200)
  4. EXNESS (JPY, 1:2000)
  5. Forex.com Japan Proスプレッド (JPY, 1:25)
評価に使用した口座は全てライブ口座です。デモ口座ではありません。口座通貨は全てJPY(円口座)です。


品質評価方法
  • EA: SteadyWinner Version 4.22-SmartMM_mod3
  • Lot: 0.1(固定)
  • 通貨ペア: EUR/USD、GBP/USDの二つ
  • 評価期間: 2013/3/3~2013/6/21までの16週(実質13週)
  • 口座種別: ライブ口座
約定品質はEAによる自動売買の結果を比較して評価しました。評価対象のブローカーの口座では全て同じ条件でトレードさせています。
評価期間は16週ですが、ゴールデンウィークで1週、VPSのトラブルにより5月後半に2週、合計3週分トレードを行っていないため、実質13週での評価となります。


トレード結果詳細

1位 Pepperstone EDGE Razor
Pepperstone結果

2位 AxiTrader Standard
AxiTrader結果

3位 ThinkForex
ThinkForex結果

4位 EXNESS
EXNESS結果

5位 Forex.com Japan Proスプレッド
Forex.com Japan結果


ブローカー雑感

Pepperstoneブローカーランキング2012で一位にランキングされたブローカーです。今回の結果はランキングの評価を裏付けるものとなりました。
クレジットカードやSkrill(スクリル)のJPY入金に対応しているだけでなく、三井住友銀行経由の国内銀行送金(JPYのみ)により入金可能となっています。また、EDGE口座ではWeb画面からの口座間資金移動に対応するなど、充実した環境を提供しています。また、2012年4月13日の記事で紹介したように、スピーディーで的確な日本語によるサポートを受けることが出来ます。
このように、約定品質がトップレベルであることに加え、サポートを含む環境面の充実が他のブローカーの追随を許しません。こじかがブローカーを一つに絞るとしたら迷うことなくPepperstoneを選択します。

AxiTraderは2013年に入って口座を開設し2月から取引を開始したブローカーです。スキャルピングの約定品質は時にPepperstoneを凌駕することさえある非常にポテンシャルの高いブローカーです。最近のオーストラリアのブローカーはレベルが高いですね。
そして最近、Pepperstoneと同様に三井住友銀行経由の国内送金による入金が可能となりました。スキャルピング向きのブローカー上位二社が共に国内送金に対応するというのは素晴らしいことだと思います。

ThinkForexSkrill(スクリル)の入金が無料で出来る貴重なスキャルピング向きブローカーです。Skrill(スクリル)での入金がメインのこじかにとってはとても使いやすいブローカーです。

なお、Cash Back Forex経由で口座を開設するとPepperstoneAxiTrader0.30Pip/Lot、ThinkForex$3.00/Lotのキャッシュバックを受け取ることが出来ます。特に今回評価に使用すしているSteady Winnerは、EUR/USDとGBP/USDの通貨ペアで同時に稼動させた場合、1週間に10回程度はトレードするので、キャッシュバックだけでもバカにならない金額になります。当たり前ですが、本記事の成績にはキャッシュバックの金額は含まれていません。





【関連記事】

SteadyWinner 世界一ゆる~いEA
VPSでMT4回線不通

ブローカーランキング2012

AxiTrader口座開設

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


スポンサーサイト
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/28(Fri) 17:53 |  |  | [編集]
いつもブログアップ感謝致します。
又、ちょうど私が知りたい事、気に掛かっている事を記事にして頂いているので自分のブログよりこじか様のブログ閲覧が多くなってきました(笑)

ところで本文の件、私も同様のフォワードテストをして同様の結果でした。これにキャッシュバックリベートを加味するとかなりの大差になります。

FOREX.com JapanはNGと結論づけてよろしいと思います。私は近々資金を移動させる予定です。

Pepperstoneはスプレッドや約定率や接続回線状況等を含めた約定品質を信頼しています。

補足させて頂くと、XEMarketsのマイクロ口座もいいですよ!レバレッジ888倍、10通貨から取引可(0.0001ロット)、入金額の30%証拠金ボーナスなど・・・。今までマーチンゲールEAを敬遠していたのですが、現在XEMarketsにて稼働中。

私的見解ですが
デイトレードはPepperstone
マーチンゲールはXEMarkets
って感じですヽ(*´∀`)ノ

スワップスイングトレードについては全く頭に無かったので、またの機会にじっくり伺いたく思います。
2013/06/29(Sat) 17:59 | URL | TeamJunTrader | [編集]
TeamJunTrader様
たびたびのコメント恐縮です。
TeamJunTrader様のコメントの通り、こじかもFOREX.com JapanはNGと判断しました。これまで騙しだまし使ってきましたが、この結果をまとめているうちに品質が数値で明らかになり、資金を全額引き上げました。
XEMarketsのマイクロ口座ですか。兄弟ブランドのTradingPointを使ったことがあります。ロットが小さすぎてなんとなく使わなくなったと記憶しています。確かに、マーチンゲールには良いでしょうね。入出金環境は最強レベルだし。今度口座を開設しテストしてみたいと思います。
2013/06/29(Sat) 22:20 | URL | こじか | [編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。