FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモリサイズ1.0GB前後の主なWindowsVPSを一ヶ月契約の月額費用順に並べてみました。
こじかは現在、(12)使えるねっとのFX専用米国設置VPSを利用していますが、FX自動売買以外のニーズもあってサブとなる国内設置のVPSを検討しています。今のところ(4,7)ABLENETが有力候補です。


 WindowsVPS一覧 (2013年9月現在)

No
サービス名
プラン
初期費用
月額費用
RAM
HDD
Windows場所電話
1WEBKEEPERS by GMO
WindowsVPSバリュー
0 円
980
1.0 GB
40 GB
2008R2米国
2FC2 VPS
WindowsVPSバリュー
0 円
980
1.0 GB
40 GB
2008R2米国
3ウィンサーバー
VPSライト
3,150円
1,980
1.0 GB
80 GB
2008R2
2012
不明平日
昼間
4ABLENET
仮想デスクトップ Win1
(980円)
2,080
1.0 GB
100 GB
2008R2
2012
国内
5SPPDレンタルサーバー
ベーシック
(1,575円)
2,100
1.0 GB
60 GB
2008R2国内
6ウィンサーバー
Windowsデスクトップ
3,150円
2,205
1.0 GB
120 GB
2008R2不明平日
昼間
7ABLENET
VPSプラン V1+Winオプ
(1,980円)
2,330
1.5 GB
100 GB
2008R2
2012
国内
8お名前.com
デスクトップクラウド
0 円
2,520
1.0 GB
50 GB
2008R2
2012
国内
米国
24h
無休
9ウィルネット
FX専用プラン FX-VPS11
0 円
2,530
1.0 GB
30 GB
2008R2国内有償
101stレンタルサーバー
WindowsVPSレギュラー
0 円
2,835
1.0 GB
100 GB
2008R2不明
11ServerQueen by GMO
QV-01 Windows
7,350円
2,960
0.5 GB
60 GB
2003米国
12使えるねっと
FX専用VPS シルバー
0 円
2,980
1.0 GB
30 GB
2008R2
国内
米国
24h


 各サービスの概要
 

1.WEBKEEPERS
 WindowsVPSバリュー(by GMO)

Webサイト http://winvps.webk.net/
とにかく安いWindowsVPSです。一年契約なら一月当たり780円と驚異的な価格設定になっています。データーセンターは米国シリコンバレー(西海岸)で、リモートアクセス時のもっさり感は否めません。起動時の空きメモリーは500MBあり、MT4を10個程度動かすことが出来ます。MT4による24時間自動売買対応を正式に謳っていますが、結論から言うと、リアル口座を動かさない方がよいでしょう。こじかはこのサービスを利用しておりますが、利用開始2日目にリブートが発生し、その後も何度かリブートしたりアクセスできないなどの事象がありました。しかもリブートしてもメールでの連絡が無いなど、リアル口座を動かすには恐ろしい品質です。値段が値段ですから、デモ口座専用と割り切った使い方ならお勧めです。
 

2.FC2 VPS
 WindowsVPSバリュー(Powered by WEBKEEPERS )

Webサイト http://fc2-vps.com/
WEBKEEPERSのOEMのようです。プランや価格も同一。品質も同じと思われます。
 

3.ウィンサーバー
 VPSライト

Webサイト http://www.winserver.ne.jp/vps/
一ヶ月契約で2,000円を切る価格でありながら、電話サポートが付きます(平日昼間のみ)。ただし、FXの24時間自動売買に対応しているか否かWebサイト上に記載がなく、MT4を動かせるか不明です。お試し期間が無く、3,150円の初期費用はネックです。また、データセンターの場所をWebサイト上で明記していない点もマイナスです。
 

4.ABLENET
 仮想デスクトップ Win1


Webサイト http://www.ablenet.jp/vps/service/vdp.html
初期費用の980円は終了期間未定のキャンペーンにより0円となっています。多分、値ごろ感のあるこのプランに関しては初期費用をとらないつもりなのでしょう。10日間のお試し期間があります。ABLENETの大きな特徴は、メモリ、CPU、HDD等のリソースを必要に応じて変更できるところです。例えばメモリなら、512MB単位(525円/月)で増設できます。プラン変更の自由度も高いので、非常に融通の利くサービス体系となっています。データセンターは大阪にあり、通信大手4社に合計220Gbps以上で接続されており、快適なサービスが期待できます。
 

5.SPPDレンタルサーバー
 ベーシック


Webサイト http://www.sppd.ne.jp/desktop/
前述のABLENET仮想デスクトップ Win1とほぼ同じ月額です。2013年10月10日まで初期費用無料のキャンペーンを実施しています。FirefoxやMT4が導入済みであるなど、敷居の低いサービス姿勢です。MS-Office 2010 Standardが導入されているプラン(差額1,575円)があるなど異色のサービスを提供しています。データセンターは国内(たぶん東京)で、NTTPCコミュニケーションズ(WebArena)と80Gbpsで接続しているとのこと。
 

6.ウィンサーバー
 Windowsデスクトップ

Webサイト http://www.winserver.ne.jp/wd/
前述のVPSライトとは別プランです。VPSライトに比べ月額費用が225円高い価格設定です。電話サポート(平日昼間のみ)、初期費用3,150円、データセンターの場所が不明なのは同じですが、こちらのプランは正式にMT4による24時間自動売買をWebサイト上で明記しています。
 

7.ABLENET
 VPSプラン V1+Windowsオプション


Webサイト http://www.ablenet.jp/vps/spec/op_win.html
前述の仮想デスクトップ Win1プランと同様に、初期費用の1,980円は終了期間未定のキャンペーンにより0円となっています。10日間のお試し期間やリソース変更も前述のプランと同様です。素のプランだと月額費用は1,280円で、WindowsではなくCentOSやFreeBSDといったUnix系のOSから選択となります。そこに月額1,050円のWindowsServerオプションを追加することでWindowsサーバーを動かすことが出来るようになります(合計2,330円)。この複合プランの最大の特徴はメモリが1.5GBであることです。前述のプランが1.0GBで月額2,080円、価格差は250円、すなわち500MBのメモリを250円で入手できるということです。そのため全体としてのコストパフォーマンスが非常に高くなります。余談ですが、WindowsServerオプションは選択可能なOSが4つあります。一般的に選択可能な2008R2と2012のほか、2008や2003R2が選択できるのはこのオプションならではでしょう。
 

8.お名前.com
 デスクトップクラウド for FX

お名前.com
Webサイト http://www.onamae-desktop.com/fx/
説明するまでもなく、業界を代表するサービスです。24時間365日電話対応をはじめ、日米マルチリージョン対応、MS-Oficeオプション対応、14日間の無料トライアル等々、王道のサービスを提供しています。多くのブロガーさんが推薦するのも当然でしょう。
 

9.ウィルネット
 FX専用プラン FX-VPS11

FX専用プラン
Webサイト http://www.willnet.ad.jp/plan/plan_fx.html
FX専用を謳うだけあって、Webサイトには24時間365日稼動を明記しています。法人向けのFX専用プランがあるなどよほど品質に自信があるようですね。月額はお名前.com デスクトップクラウドと10円違いの2,530円。メモリ1.0GBのFX-VPS11プランでは電話サポートが有償(1,575円/月)。メモリ2.0GBのプランFX-VPS12は月額3,530円で提供されており、電話サポートが無償で付きます。1.0GBと2.0GBの価格差が丁度1,000円ですから、1.0GBプランで1,575円の電話サポート付けるくらいなら、2GBプランがお得です。
  

10.1stレンタルサーバー
 WindowsVPS レギュラー

Webサイト http://vps.1strentalserver.com/
一覧に表示した月額費用2,835円は3ヶ月契約の一ヶ月あたりの料金です。このサービスでは1ヶ月契約がなく、3ヶ月契約が最短となります。こじかは原則1ヶ月契約しかしないので個人的には使いにくいです。バックボーンは320Gbpsと今回調べた中では最も太かったのですが、サーバーのロケーションがどこなのか分かりませんでした。
 

11.ServerQueen
 QV-01 Windows

Webサイト http://www.serverqueen.jp/service/vps_windows.html
メモリリソース保証512MBという内容のプランです。他社のサービスでは1.0GBのメモリに相当すると思われます。この価格で電話サポートもなく、OSもWindows Server 2003。お勧めできません。
 

12.使えるねっと
 FX専用VPS シルバー

FX専用 米国設置VPSキャンペーン!
Webサイト http://www.tsukaeru.net/fx/
関連記事 2013年6月16日(FX専用 米国設置VPS)
こじかがメインのVPSとしてリアル口座を動かしているプランです。使えるねっとFX専用VPSは、お名前.comデスクトップクラウドと人気を二分し、多くのブロガーさんが推薦しています。通常の電話サポートは平日昼間だけですが、それとは別に24時間フリーダイヤルで緊急連絡を受け付けています。どのような体制・設備でも緊急事態はありうるという前提に基づいたサポート姿勢は頼もしい限りです。使えるねっとFX専用VPSは、サーバーの場所を日本と米国(NYSE40km圏内)から選択できます。ニューヨークにサーバーのあるPepperstoneやAxiTraderで、Million Dollar Pipsのような環境に厳しいスキャルピングEAを動かすなら、使えるねっとの米国設置VPSがベストソリューションと思われます。


【関連記事】

FX専用 米国設置VPS

スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。