FC2ブログ
EXCELmarkets_icon  CBF アイコン

2013年10月現在、こじかがスキャルピングに利用するメインのブローカーはPepperstone(EDGE Razor)、AxiTraderThink Forex、SynergyFX、Exnessです。これらのブローカーの中でExnessの成績が比較的悪く、代替となるようなブローカーを探していました。それでたどり着いたのがEXCELmarketsです。

EXCELmarketsはニュージーランドに設立されたブローカーで、NZ金融市場庁(FMA)の規制を受けています。Webサイトによれば、EXCELmarketsはCash Back Forex の創業者が創設したブローカーとのこと。Webサイトも機械翻訳ではない日本語で作られており、日本語によるライブチャットでサポートするなど、日本人には利用しやすいブローカーです。


コア口座とプロ口座の特徴

EXCELmarketsはコア口座とプロ口座の2種類の口座があります。違いは手数料(1万通貨あたり片道$0.25)の有無とスプレッドの狭さです。それ以外は共通で、最大レバレッジ400倍、最低ロット0.01、口座開設必要証拠金$200、口座通貨はJPYの他、USD、GBP、CAD、CHF、NZD、AUD、EURから選択可能といった特徴があります。

こじかはプロ口座を開設しました。手数料が発生するもののEUR/USDで0.39pipのスプレッドは魅力的です。他にもUSD/JPYで0.39pip、GBP/USDで0.83pip、AUD/USDで0.45pipと非常に狭いスプレッドを提供しています。

コア口座とプロ口座のスプレッド  


EXCELmarketsの入出金

Skrill(MoneyBookers)、クレジットカード、銀行送金の三つの入出金方法が選べます。クレジットカードの入金はSkrillを経由する方法であり、Skrillに口座を開設していないとクレジットカード入金はできません。これからSkrillに口座を開設する方は2012年2月26日の記事(Skrill(スクリル)とは)が参考になるでしょう。

JPYのSkrill入金に対応しているので、EXCELmarketsの口座通貨を安心してJPYに指定できます。ブローカーによっては、口座通貨はJPYを指定できるのに、SkrillはUSDやEURにしか対応しておらず、無駄な為替手数料がかかる場合があります。EXCELmarketsについてはそんな心配は無用のようです。

Skrill(MoneyBookers)、クレジットカード、銀行送金、全ての入金方法で手数料は無料です。Skrill(MoneyBookers)、クレジットカードは出金も無料、銀行送金は$20の出金手数料がかかります。一般にスキャル向きのブローカーは入出金環境がよくありませんが、EXCELmarketsは最高レベルの入出金環境を提供していると言えるでしょう。


サーバーへのPingは驚異の2ms!

スプレッドの狭さからも想像されるように、EXCELmarketsは約定品質に力を入れているブローカーと思われます。サーバーはニューヨーク、NY4 Equinix Facility(ウォール街近辺)にあり、その旨WebサイトのFAQ(よくある質問)に記載されています。FAQの一番先頭の記述がサーバーに関するもので、IPアドレスや代替接続ポイントに至る情報が極めて詳細に記されています。この記述を見ただけでも約定品質へのこだわりが伝わってきます。

そして、ニューヨークサーバーといえば、こじかが契約している使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」でしょう。早速pingをテストしたところ、驚異の2ms!同一LAN上にあるのではと錯覚する数値です。こうなると、MillionDollarPipsとか環境に厳しいEAを動かしてPepperstone(EDGE Razor)と最強決戦させてみたいですね。ちなみに、国内設置のVPS「ABLENET」からpingすると、177msでした。まあまあ日本からではこんなもんでしょう。

EXCELmarkets使えるねっとからping


口座開設と注意事項

EXCELmarketsのWebサイトは日本語で提供され、口座開設ページも完全に日本語化されているので、口座開設はさほど難しくありません。ただし、いくつか注意すべき箇所があり以下に説明します。

前述の通り、EXCELmarketsはCash Back Forex の創業者が創設したブローカーであることから、Cash Back Forex 経由の口座開設をお勧めします。Cash Back Forex って何?という方は2012年2月26日の記事(キャッシュバックフォレックスとは)が参考になるでしょう。

先ず、Cash Back Forex へログインし、ブローカー比較画面でEXCELmarketsのアイコンをクリックします。
EXCELmarkets口座開設-1

「新規口座を開く」ボタンをクリック。
EXCELmarkets口座開設-2

コア口座、プロ口座いずれかのボタンをクリック。
EXCELmarkets口座開設-3

「個人口座を開設する」ボタンをクリック。
EXCELmarkets口座開設-4

口座情報の入力画面では国籍や性別など日本語の選択肢が表示されるため、記入欄も日本語で入力したくなりますが、入力は全てアルファベットで行います。
ユーザーネームは入出金などを行うクライアントパネルへログインする際に利用するIDです。アルファベットで適当なニックネームを入力します。パスワードはユーザーネームと対でクライアントパネルへログイン時に利用します。
Skrillでの入金を予定している場合、入力するメールアドレスはSkrillのアドレスと同じにしなければなりません。なぜななら、ここで入力するメールアドレスがSkrill入金の画面で自動提案され、提案されたメールアドレスは編集できないからです。また、クレジットカード入金はSkrill経由となるため、クレジットカードで入金を考えている方も同様です。
EXCELmarkets口座開設入力画面-a

「この口座の統制・管理を行う他の人はいますか。」のチェックは入れませんでした。海外の金融機関では一般的に共有名義の口座を作れます。日本では馴染みの無い制度ですが、日本の銀行や証券会社でも出来たら便利ですね。
EXCELmarkets口座開設入力画面-b

「 Excel Marketsをどこで知ったのですか。」の項目について、こじかは「CashBackForex」を選択しました。しかし、改めてリンク元のCashBackForexのページを見ると、追加手順として「その他」を選択した上で、選択後に表示される「Other Source」入力欄に「Clear Markets」と入力する、とあります。また、リベートではなく、直接スプレッドを減額したい場合は「Other Source」入力欄に「Clear Markets/Direct」と入力する、とあります。
こじかは「CashBackForex」を選択した上で、CashBackForexへの通常通りのメール連絡によりブローカー口座登録が出来ました。CashBackForexのリンクを経由して口座を作成すれば、CashBackForexのブローカー口座登録は可能と思われます。
EXCELmarkets口座開設入力画面-c
(リンク元のCashBackForexのページ)
CashBackForexの注意事項


他は一般的な項目ばかりですから、適切に入力します。
最後に「口座を作成」ボタンをクリックすると口座が作成されます。入力内容の確認画面は出ないので、口座通貨やメールアドレスなどの重要項目は十分に確認してからクリックします。クリック後、「お客様のExcel Markets登録」という日本語タイトルのメールが登録したメールアドレス宛に到着します。
EXCELmarkets「口座を作成」アイコン

クライアントパネルの書類アップロード画面が表示されます。口座開設には二種類の書類をアップロードしなければなりません。こじかは運転免許証と電力会社の電力使用量のお知らせをアップロードしました。どちらの書類もベタの日本語のままです。
EXCELmarkets書類アップロード

仮に、書類アップロード画面を閉じてしまっても問題ありません。口座開設時に入力したユーザーネームとパスワードでクライアントパネルにログインし、再度、書類アップロード画面を開くことが出来ます。口座開設の注意事項は以上となります

EXCELmarketsログイン画面

ちなみに、こじかは2013年10月20日(日)の18時頃に口座開設の手続きを完了させました。翌日、2013年10月21日(月)の朝6時30分に「Excel Marketsの売買口座がKojika用に作成されました」という日本語タイトルのメールを受信しました。メール内容はMT4のログインIDとパスワードの通知です。それ以外にもサービスについて完璧な日本語で記載されていました。とにかく、日曜日に手続きしたのに月曜の早朝に返事が来るとは驚きです。向こうは日曜の夜のはずでは?日本語も完璧だし、どういう体制のブローカーなのでしょうか。いずれにせよ素晴らしいサポートが期待されます。


EXCELmarkets_icon  CBF アイコン



【関連記事】

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


FX専用 米国設置VPS
ABLENET "VPSプラン V1+Windows Server オプション"レビュー

スポンサーサイト



コメント:
突然の書き込み、失礼します。
実はエクセルマーケッツ、かなり気になっています。
口座開設に当り、色々と調べていましたが、
ここは証拠金維持率100%でロスカットのようですが、やはりそうなのでしょうか?あまり情報が無いものでご質問させていただきました。
海外は20%程度が主流だったので、どうなのかな?と思いました。
2014/04/07(Mon) 15:16 | URL | のん | [編集]
EXCEL marketsの評価
のん様

EXCEL marketsのFAQ No26には証拠金要件は100%である旨記載されています。有効証拠金が必要証拠金を下回った時点でロスカットになると理解しています。ただし、レバレッジは400倍までかけられますので、こじかは証拠金維持率を意識することはありません。
https://www.excelmarkets.com/ja/support/faqs

証拠金要件は別にして、EXCEL marketsは非常に優れたブローカーだと実感しています。EAによるスキャルピング約定品質はPepperstoneやAxiTraderとほぼ同レベルでありながら、FPAのレーティングが5点満点中4.733(2014/7/7現在)と極めて高く、こじかが利用するブローカーの中で最高です。入出金や日本語サポートも充実しているので、スキャル向きのブローカーとしては最も利用しやすいブローカーと評価しています。

参考:ブローカーランキング2013
http://arb48.blog.fc2.com/blog-entry-225.html

こじか
2014/04/07(Mon) 22:39 | URL | こじか | [編集]
早速口座開設し、様々な質問があったので、チャットで質問してみましたが、ほぼリアルタイムで返事が返ってきますね!
ただ、担当者はあまりmt4についてわかっていない感じもしましたが。。。笑 しかし、それにしても大分顧客を大切に考えている感じはしますね。
まずはデモでしばらく運用してみて、感じがつかめたらリアルで入ってみようと思います。
ただ、証拠金維持率100%だと、レバ400倍でポジると逆に進んだらすぐに100%切りそうになります。。。ここだけですね、今のところ残念なのは。。。
2014/04/08(Tue) 16:13 | URL | のん | [編集]
つかぬ事をお聞きしますが、
以前、エクセルマーケッツの口座を
キャッシュバックフォレックスから
IB登録して開設しました。
現在、2個目の口座を開設したいのですが、
エクセルマーケッツのマイページ管理画面から
開設してしまうと、この新口座はIB登録できないのでしょうか?
もしお分かりになるようでしたらお教えいただけると幸いです。
2014/07/10(Thu) 14:30 | URL | のん | [編集]
Re: タイトルなし
のん様

ご連絡ありがとうございます。
EXCEL Marketsに4つの口座を保有し全ての口座でIB登録しています。2つ目以降の口座は管理画面から開設し、1つ目と同様にメール連絡してIB登録しました。管理画面から作ったとか余計なことは言わず、この番号の口座を登録してくれと連絡すれば普通に登録されるはずです。

こじか
2014/07/10(Thu) 22:06 | URL | こじか | [編集]
なるほど!わかりやすいご説明、ありがとうございます!
早速やってみます!
2014/07/14(Mon) 11:36 | URL | のん | [編集]
記事とても参考になりました
はじめまして。
海外ブローカーやEAの情報など大変参考になっています。
今回Excelに口座を作ったことを記事を書き、そこでこじかさんの記事を参考として紹介させていただきました。
トラックバックがうまく使えないのでご連絡まで。

また今後も応援させていただきます
2014/11/04(Tue) 00:18 | URL | ぺんろく | [編集]
Re: 記事とても参考になりました
ぺんろく様

こじかです。
引用のご連絡をいただきありがとうございます。
とても嬉しいです。励みになります。
2014/11/20(Thu) 22:12 | URL | こじか | [編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: