FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EXCELmarkets_icon 新生銀行

EXCELmarketsへ銀行送金で入金してみました。
送金に利用する銀行はいつもの通り新生銀行です。こじかは、新生ステップアッププログラムのステージがプラチナなので、月に一度だけなら海外送金の手数料がかかりません。

送金通貨: 日本円
送金銀行: 新生銀行
受取銀行: ANZ BANK NEW ZEALAND


送金手続き

キャッシュカード、届出印、運転免許書を持参し支店に出向きます。
白紙のPower Flex 口座外国送金依頼書を入手していたので、自宅で記載し銀行に持ち込みました。

送金依頼書20131126   Power Flex 口座外国送金依頼書

送金依頼書の記載内容
①送金種類電信送金
②受取人名GLOBAL BROKERS NZ LIMITED
③受取人住所LEVEL 4, NO 369 QUEEN STREET, AUCKLAND, 1010, NEW ZEALAND
④支払銀行ANZ BANK NEW ZEALAND LIMITED
(支店名 AUCKLAND)
⑤支店住所268 QUEEN STREET, AUCKLAND 1010, NEW ZEALAND
⑥受取人口座214036JPY02
⑦SWIFTANZBNZ22
⑧送金通貨その他(JPY)
⑨中継銀行(ブランク)
⑩連絡事項DR_***


EXCELmarketsでの事前手続き

先ず、クライアントパネルにログインします。
入金画面のステップ1で「銀行振込入金」を選択します。
EXCELmarkets銀行送金-1

ステップ2の画面では、通貨及び入金したい口座を選択し、入金金額を入力します。銀行口座の欄は送金元の銀行を選択します。最後に「送信」ボタンを押します。
なお、選択肢に登場させたい銀行は、予め銀行情報詳細のメニューで登録しておきます。銀行詳細情報のラベル名を「新生銀行」と漢字で登録することができ、漢字で登録した銀行名が選択肢に登場します。海外のブローカーでこのような漢字に対応したシステムにはじめてお目にかかりました。凄い事だとひとりで驚いています。
EXCELmarkets銀行送金-2

図のような小窓が表示されたら、「送信」ボタンをクリックします。
EXCELmarkets銀行送金-3

ステップ3の画面が表示されたら終了です。画面に表示される銀行へ送金します。
EXCELmarkets銀行送金-4

入金指示の詳細は履歴メニューで見ることができます。
EXCELmarkets銀行送金-5

支払情報を確認する」のリンクをクリックすると、ステップ3で表示された送金先の銀行情報が表示されます。ステップ3の画面を過って消してしまっても、このように後から履歴として表示できます。非常に親切なつくりですね。
EXCELmarkets銀行送金-6


送金結果

依頼日: 2013年11月25日(月)
送金日: 2013年11月26日(火) 

着金日: 2013年11月26日(火) AM10:54 (日本時間)
着金額: 400,000円
手数料: 0円 (全額丸々着金)

何よりも驚いたのは着金のスピードです。
送金日の午前10:54に、EXCELmarketsから以下のメールが届きました。「着金したから取引口座を確認してね」という内容です。海外送金で送金日当日の午前中に着金連絡が来ることなど想定していませんから、はじめは「何のこと?」と混乱しましたが、MT4で口座を確認したら本当に着金していました。
題名: Excel Markets - Your Deposit has been Approved
差出人: Excel Markets<accounts@excelmarkets.com>

Hello Kojika

You recently initiated a bank wire transfer, in the amount of 400000.00 JPY, to your Excel Markets trading account.

Please be advised that your deposit has been received and we have updated the balance on your account(s) as requested.

You can view the details of this transaction from the history tab in your Excel Markets log in area.

Best Regards,
Excel Markets.

驚くべき速さです。国内ブローカーに国内送金で入金してもこんなに早く連絡は来ないでしょう。まして海外送金です。2~3日で着金すれば早いほう、週をまたぐことも普通の世界です。とにかくビックリしました。

なぜ、これほどのスピードで着金したのでしょうか?
ひとつはEXCELmarketsの所在地がニュージーランドであることが考えられます。日本より3時間早い時差は有利にはたらきます。今回の着金連絡は日本時間で11時ですから、ニュージーランドでは14時。向こうでは午前中に銀行口座への入金が確認され、午後一番で口座振替&着金メールしたといったところでしょう。

もうひとつはEXCELmarketsの事務処理能力でしょう。銀行口座に着金してから口座振替した上で利用者へ連絡するというのは、結構多くの事務手続きがあるはずです。それを数時間で正確に処理することはバックオフィスの品質が高いことを意味します。

加えて、コルレス銀行手数料を取られることなく、送金額が丸々着金したのは嬉しい限りです。今後も、コストを気にすることなく送金できます。


雑感

スプレッドの狭さ、クライアントパネルの完成度、日本語サポートの充実、驚くほどスピーディーな入金、どれをとっても最高レベルの品質です。感覚的にはブローカーランキング2012で1位のPepperstoneに並んだ感じです。


EXCELmarkets_icon 新生銀行




【関連記事】

EXCELmarkets口座開設
EXCELmarketsのSkrill入金

ブローカーランキング2012


スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を!
2013/12/31(Tue) 22:15:51 |  ふれあい | 消費者詐欺被害センター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。