FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NETELLER

NETELLER(ネッテラー)とは、Optimal Payments Limited(旧、NETELLER(UK) Ltd)という会社が提供する資金移動サービスです。サービス提供会社のOptimal Payments Limitedは1999年に設立され、英国・マン島に本社があり、英国金融庁(FSA: the Financial Services Authority)の認可のもとで運営されています。

Optimal Payments LimitedはOptimal Payments Plcの100%子会社で、親会社のOptimal Payments Plcは2004年にロンドン証券取引所(London Stock Exchange,LSE)のAIM市場(新興企業市場)に上場しています。銘柄コードは OPAY

英国を拠点とし英国金融庁の認可のもとで10年以上も運営されている点など、競合サービスのSkrill (Moneybookers)と非常に似ています。資金移動サービスの分野ではNETELLER(ネッテラー)とSkrill (Moneybookers)が人気を二分しているといっても過言ではありません。以下の通りNETELLER(ネッテラー)とSkrill (Moneybookers)を比較してみました。


NETELLER(ネッテラー)Skrill (Moneybookers)の比較

NETELLERSkrill
設立年1999年2001年
許認可FSAFSA
株式上場ロンドン(非上場)
サービス提供国200ヶ国200ヶ国
利用者数数百万人3千6百万人
口座維持費無料無料
口座通貨18通貨40通貨
複数口座最大4口座1口座のみ
国内銀行入金
MasterCard発行
カード維持費無料有料
外国為替手数料2.95%2.49%
日本語


レビュー

先ず、信用という点では親会社が上場しているNETELLER(ネッテラー)に軍配が上がります。親会社であるOptimal Payments PlcのWebサイトには投資家向けページが用意されており、上場した2004年以降のAnnual Reportsの他詳細な財務情報や大株主の情報が提供されています。やはり第三者のチェックを受けた財務情報が開示されているか否かは大きな違いです。

口座については双方とも日本円を口座通貨に指定することができ、国内の銀行から口座へ入金できるなど大きな違いは無いと思います。NETELLER(ネッテラー)は複数口座を持つことができるのですが、一つ口座を増やすだけでも年間50,000ドル相当の送金実績が必要なので、小額・ハイレバでFXするような利用では現実的ではありません。こじかはNETELLER(ネッテラー)の口座通貨をEURで、Skrill(スクリル)の口座通貨を日本円で利用しています。

両サービスともMasterCardを発行でき、買物等の支払いのほか郵便局のATMで出金することができます。NETELLER(ネッテラー)のMasterCardは維持費がかかりませんが、Skrill (Moneybookers)のMasterCardは年間10ユーロかかります。こじかはNETELLER(ネッテラー)のMasterCardのみ保有しています。

手数料という点ではSkrill (Moneybookers)が総じて有利です。異なる通貨の両替時にかかる外国為替手数料だけでなく、クレジットカードを使って口座に入金する際の手数料など、ほとんどの手数料はSkrill (Moneybookers)の方がリーズナブルに設定されています。

FXでの利用はSkrill (Moneybookers)に軍配が上がります。最近ようやくNETELLER(ネッテラー)対応のブローカーが増えましたが、対応ブローカー数はSkrill (Moneybookers)が圧倒しています。それと、Skrill (Moneybookers)では日本円&送金手数料無料のブローカーが多いですが、NETELLER(ネッテラー)では数えるほどしかありません。2~3%の手数料を取られるのが一般的です。

ユーザビリティーとサポートはNETELLER(ネッテラー)でしょう。NETELLER(ネッテラー)はウェブサイトが日本語であるだけでなく、日本語のメールサポートや、東京の局番に日本語の電話サポートがあります。英語が苦手なこじかには非常に心強いサービスです。


総評


結局、NETELLER(ネッテラー)とSSkrill (Moneybookers)どちらが良いのでしょうか?ケースバイケースとしかいえません。強いて言えば、英語が苦手ならNETELLER(ネッテラー)、より多くのブローカーを試してみたいならSkrill (Moneybookers)でしょうか。

こじかは両方使っていますし、全体としてはどちらも素晴らしいサービスなので、正直なところ甲乙付け難いです。こじかはSkrill (Moneybookers)の口座通貨を日本円でメインに使い、NETELLER(ネッテラー)の口座通貨をEURでサブとして利用しています。

海外ブローカーを使ってFXするなら両方に口座を持っていて損はないでしょう。


口座開設

まず、次のリンクから NETELLER(ネッテラー)のホームページを開きます。
http://www.neteller.com/ja/

ホームページが表示されたら、次のボタンをクリック。
口座開設

メールアドレスを入力し、都道府県を選択します。
口座の通貨を選択します。一般的にはドル、ユーロ、日本円だと思いますが、後からの変更は困難なので、熟慮の上で選択してください。[続行]ボタンをクリック。
口座開設ステップ2

必要事項を半角英数で入力し、[続行]ボタンをクリック。
パスワードは8文字以上でアルファベットの大文字・小文字・数字が1文字以上入らなければなりません。
口座開設ステップ3

口座IDとセキュアIDの二つのIDが表示されれば口座開設は終了です。
NETELLER(ネッテラー)は前の画面で作成したパスワードとこの二つのIDで管理します。忘れないよう、他人に知られないよう厳重に管理してください。

これでNETELLER(ネッテラー)にログインできますが、ログインしたら一番最初に本人確認を行います。ログイン後に表示される”認証”のリンクから本人確認書類をアップロードします。必要な書類は運転免許証などFX口座の本人確認と同じ要領です。


NETELLER



【関連記事】

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順

スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。