FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IC Markets

IC MarketsにCash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)経由で口座を開設してみました。

以前から注目していたブローカーでしたが、知らぬ間にウェブサイトが日本語化され、日本語サポートも充実している様子。口座開設手続きは迅速で、手続きを開始して実質30分以内でMT4のログインが可能となりました。

ただし、入出金は要注意です。


 ブローカー概要

名称: IC Markets
所在地: シドニー(オーストラリア)
ライセンス: ASIC(オーストラリア証券投資委員会)

(口座概要)
口座種別: Standard、True ECN
口座通貨: JPY、USD、EUR、AUD、GBP、他
最低ロット: 0.01
レバレッジ: 1:500
大手IB対応: Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)、他

(入出金)
入金方法: クレカ、Skrill、国内銀行送金
出金方法: クレカ以外は海外送金(手数料ADU20)

(日本語対応)
日本語ウェブ: あり
電話サポート: あり +61(0)2 8014 4280
メールサポート: support.jp@icmarkets.com


 入出金の注意事項

クレジットカードの入金は3%の手数料が発生します。出金は無料のようです。

Skrill (Moneybookers)ではJPYに対応しているものの3%の手数料が発生します。3%の手数料はかなり高い部類です。Skrill (Moneybookers)による出金はできないようで、Skrill (Moneybookers)で入金したものであっても出金は海外送金となり、出金手数料ADU20が発生します。少額の入金では出金手数料が痛いですし、多額の入金でも3%の手数料が痛いです。したがって、こじかはIC Marketsの入金にSkrill (Moneybookers)を利用しない予定です。

三菱東京UFJ銀行あての国内銀行送金で入金可能です。出金時は海外送金となり手数料ADU20が発生します。


 口座開設方法

Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)にログインし、"IC Markets"のページから[新規口座を開く]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 1

[口座開設]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 2

必要事項を半角英数で記入し、[NEXT>]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 3

[個人口座]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 4

1.個人の詳細
必要事項を半角英数で記入し、[次のステップ>]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 5

2.財務情報
必要事項を半角英数で記入し、[Next Step>]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 6

3.アカウントの詳細
取引プラットフォーム、アカウントの通貨、アカウントの種類をそれぞれ選択します。ユーザー名、パスワードをそれぞれ入力します。これらはIC Marketsのクライアントエリアにログインする際に利用しますので、特にパスワードは忘れないようメモしておきます。秘密の質問を選択し、その答えを半角英数で入力します。コメント(IB業者)の欄にはCashbackforexと入力、確認コードを画面から読み取って入力します。最後に同意のチェックを入れ、[Register>]ボタンをクリックします。
IC Markets 口座開設 7

入力内容の確認画面が表示されたら、[Confirm>]ボタンをクリック。
IC Markets 口座開設 8

この画面が表示され一旦終了です。
IC Markets 口座開設 9


 クライアントエリアのアクティベーション

上記操作直後、"Secure Client Area Login Confirmation"というタイトルのメールがIC Markets<notifications@icmarkets.com>から届きます。

メール本文には以下のようなURLが記載されており、URLへアクセスするとクライアントエリアのアクティベーションが行われます。
"https://secure.icmarkets.com/Account/Confirm?・・・・"


 本人確認書類のアップロード

クライアントエリアのアクティベーション後、"Your Live Account Application"というタイトルのメールがIC Markets<notifications@icmarkets.com>から届きます。

メール本文には"Upload Documents"という文言に以下のURLがリンク先として埋め込まれています。クリックしリンク先へアクセスします。https://secure.icmarkets.com/document/upload/

こじかは、「運転免許証」と「電力使用量のお知らせ」をアップロードしました。
IC Markets 書類アップロード


 取引口座の案内メール受信

上記の本人確認書類提出後、取引口座の案内が届きます。
こじかのケースでは、2014/1/5(日) 22:04頃に本人確認書類を提出し、2014/1/5(日) 22:14に以下の案内を受信しました。本人確認書類提出後10分程度で取引可能になりました。前述のウェブサイトの入力時間を加味しても30分以内で口座開設ができました。しかも、こじかのケースは日曜日です。
題名: MT4 Live Account Details
差出人: IC Markets<notifications@icmarkets.com>

Dear KOJIKA,

Congratulations, our Accounts department have approved your identification documents and your live trading account has been created on our trading server. You can log into your account using the details below.

Live trading account login details:
Trading Platform: MT4
Login: ******
Password: xxxxxx
Server: ICMarkets-Live2

(以下省略)




IC Markets



【関連記事】

Skrill(スクリル)とは
Skrill(スクリル)の口座開設手順
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。