FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AxiTrader


周知の通り、2014年5月30日をもってAxiTraderの日本居住者へのサービスは終了しました。悪名高い某国金融庁の干渉によってサービス終了となったことはAxiTraderからのメール案内の通りです。過去いくつもの海外FXブローカーが同金融庁の毒牙によりサービス終了に追い込まれましたが、まさかAxiTraderのような誠実なブローカーまでもが標的になるとは思いもよりませんでした。

こじかとしては「ふざけるな!バカヤロー」と愚痴をこぼすことしか出来ず、後述の通りすごすご撤退しました。結果、入金元本と利益の出金は当然として、入金金額と同額支給されたボーナスまで出金することが出来ました。FXブローカーの入金ボーナスとは基本的にレバレッジを上げる効果しかなく事実上出金できないのもと思っていましたから嬉しい誤算でした。本当の意味でボーナスですね。しかも出金に係る手数料は無料で口座残高が丸々着金しました。これらの事実はAxiTraderが誠実なブローカーであることを証明しています。

恐らく某国金融庁は「投資家保護」を建前としているのでしょうけれど、上記の通り明らかに誠実な業者を排除しておきながら投資家保護もへったくれもありません。AxiTraderの ような誠実で優良なブローカーを標的にするということは全ての海外FXブローカーが攻撃対象ということであり、日本居住者には海外のブローカーでFXをやらせない という誤った意図が根底にあり、平たく言えば「日本居住者の金は俺のもの」という某国金融庁の思い上がった縄張り意識の具現化なのでしょう。

とにかく、他の優良ブローカーに飛び火しないことを祈るしかありません。


出金概要

口座通貨: JPY
出金方法: クレジットカードの返金
出金金額: 77,084円 (内、20,000円は入金ボーナス
手数料: 0円

出金指示: 2014年5月20日(火)
詳細連絡: 2014年5月21日(水)
出金案内: 2014年5月22日(木)
残高反映: 2014年6月16日(月)

当初取引を開始するにあたり20,000円をクレジットカードで入金しました。Webサイト上から出金指示した翌日、今回の出金額はその入金額を超過しているためカード番号と有効期限を改めて連絡してほしいとのメールを受信し同日返信しました。返信の翌日、クレジットカードに返金した旨の連絡をメールで受信しました。

それから待つこと25日、ようやくクレジットカード引落指定の銀行口座に前述の金額が全額着金しました。着金後数日して、カード会社から返金があった旨葉書で連絡がありました。ずいぶん昔、別のブローカーでクレジットカード出金したときも20日以上かかった記憶があります。クレジットカードの出金は結構日数がかかるものですね。


AxiTraderリアル口座 トレード実績

口座種別: スタンダード
口座通貨: JPY
レバレッジ: 400倍
IB: Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)

口座開設: 2013年2月
口座入金: 20,000円(クレカ)+20,000円(ボーナス)

取引回数: 796回
取引利益: 37,084円
キャッシュバック総額: $133.2

AxiTraderブローカーランキング2013で単独トップであり、マンスリーで報告しているブローカーの約定品質比較でも単独首位を維持し続けました。しかもCash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)でリベートを払っての評価です。


雑感

ともかく最高品質のブローカーを失ったことは大きな痛手です。代替のブローカーを用意した旨AxiTraderから連絡がありましたが、未だ口座開設していません。その代替ブローカーはCash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)にも対応したようなので、そろそろ口座開設してみようと思います。

最後に、ありがとう AxiTrader

そして、クソ喰らえ! 某国金融庁


AxiTrader



【関連記事】

AxiTrader記事訂正
AxiTrader口座開設

ブローカーランキング2013
Cash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)とは


スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。