FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IC Markets

2015年4月9日(木)、IC Markets日本撤退の通知をメールで受信しました。

<メール要旨>
 2015年4月9日(木)  日本在住者の新規口座開設中止
 2015年5月7日(木)  日本在住者既存利用者の取引停止

4月30日のThinkForex日本撤退を機にIC Marketsへ乗り換えた利用者もいることでしょう。心中お察しします。

撤退の原因は語るまでもなく「悪の手先」にして「善良なる日本国民の敵」某国金融庁。豪州政府及びオーストラリア証券投資委員会(ASIC)への内政干渉は完璧な成果を上げたといってよいで しょう。その成果と引き換えにこじかをはじめとする日本人投資家の不信や恨みを買いました。これらの不信や恨みは極めて深く、将来某国金融庁に災いをもたらす事になるでしょう。お天道様は見ているのですよ。

さて、AxiTrader(豪州)、Pepperstone(豪州)、ThinkForex(NZ)とオセアニア系ブローカーは日本撤退が続き風前の灯。このような状況でIC Markets(豪州)の撤退は事実上とどめとなりました。

こじかが利用するブローカーでオセアニアの生き残りはSynergy FX(豪州)、MyFx Markets(NZ)、LAND-FX(NZ)。Synergy FXは日本人利用者が少なそうなので細々と生き残るかもしれません。MyFx MarketsAxiの残党であり、Webサイトは英語のままユーザーエリアだけ日本語化するという偽装まで施す骨のあるブローカーですから、何とかこのまま生き残って欲しいものです。

個人的な願望は別にして、今後はオセアニア系ブローカーの全滅を前提としてブローカーフォーメーションを考えなければなりません。フォーメーションの中心はなんと言ってもFxProなどの優良ブローカーを多数輩出するキプロス。キプロスを中心にカリブ海のオフショアやタックスヘイブンのブローカーを分散配置していこうと思います。

キプロスが陥落するリスクはないのか?

キプロスは実質ロシアのオフショアであり、世界最大・最凶・最悪の広域暴力団アメ●カ合衆国とガチンコ出来る唯一の男プー様が後ろ盾です。2013年のキプロス金融攻撃をしのぎ、2014年のウクライナ・クリミア戦では見事アメ●カを返り討ちにしています。いかにアメ●カの子分と言えど、そんな背骨の硬い本物の男を敵に回すような勇気や能力、気概を某国金融庁が持っているとは到底思えません。所詮、か弱き自国民をいじめて喜ぶ歪んだ連中です。

優秀な頭脳をもって生まれながらその能力を専ら悪事に使うとは、

恥を知れ。



 撤退通知メール

題名: 日本在住のお客様へサービス停止
差出人: IC Markets<IC_Markets@mail.vresp.com>

日本在住のお客様へサービス停止
お客様各位,

誠に恐れ入りますが、レギュレーションの環境によりIC Marketsでは、日本滞在のお客様へサービスを停止することを決定致しました。 現在、IC Marketsでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。つきましては、本日2015年4月9日(木)以降、日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。既存のお客様に関しましては、2015年05月06日までに全ポジション決済・口座閉鎖に向けて保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。2015年05月07日からは取引無効となりますのでご了承下さい。

ご不明な点がございましたら、support.jp@icmarkets.com までご連絡のほどをよろしくお願い致します。

Kind regards,
IC Markets Trade Desk


IC Markets



【関連記事】

IC Markets 口座開設
IC Markets クレジットカード入金
IC Markets 追加口座、Skrill入金
IC Markets 国内銀行入金

ブローカーランキング2013

スポンサーサイト
コメント:
IC Markets 口座閉鎖方法
どーも初めまして。
私も昨年の8月にIC Marketsに口座を開設
しましたが、この度のサービス中止を受けて
ショックでした。早々に資金全額引き上げました。ただ口座の閉鎖手続きをしたいのですが、
ホームページのどこにもそのような手続き
できるところがないのですが、口座閉鎖の
やり方をご存知でしたら教えていただけない
でしょうか?
2015/04/14(Tue) 10:39 | URL | Keniti-O | [編集]
Re: IC Markets 口座閉鎖方法
Keniti-O様

コメントありがとうございます。
IC Marketsからの資金撤退完了したのですね。先ずはおめでとうございます。

日本在住者のサービス停止という状況ですから、時が来れば自動で閉鎖になると思います。とはいえ、それは気持ちが悪いと思いますので、日本語サポートに直接メール連絡してはいかがでしょうか? きっと対応してくれると思います。

こじか
2015/04/15(Wed) 23:20 | URL | こじか | [編集]
有難うございます。
お返事有難うございます。
日本語サポートに連絡してみます。
いつも有益な情報を掲載して頂き、
有難うございます。
2015/04/17(Fri) 01:01 | URL | Keniti-O | [編集]
新ブローカー
こじか様、こんにちは。

ニュージーランド系でTitanFXというところから勧誘が着始めました。

今までニュージーランド系ではMyfxMarketsがAxiのホワイトラベルで一番評判良さそうか?という感じでしたが、このTitanFXはPepperStoneの覆面!?っぽいですね。

しかも、こちらは国内銀行送金で入金できるというのもありがたいです。

でも、PepperStone自体がAxiのホワイトラベルじゃないか?という意見もありましたよね。

ちょっと、このMyfxMarketsとTitanFXを比較して、良さそうなほうそう違いなければTitanFXを検討してみようかと思っています。

こじか様の方でもブローカー比較の候補にぜひご検討お願いします。
2015/04/17(Fri) 18:57 | URL | Sdas | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/18(Sat) 02:49 |  |  | [編集]
Titan FX
Sdas様

コメントありがとうございます。
Titan FX、2015年サービス開始の新興ブローカーのようですね。初めて知りました。一通りWebサイトを見た感じではとても印象が良いです。IC MarketsやPepperstoneのWebサイトに雰囲気が似ているような気がします。

私はブローカーのWebサイトを始めて訪れたとき、会社概要と入出金情報を必ずチェックしています。住所、電話番号、メールアドレスを記載しているか、各入金方法の手数料率や出金時の銀行送金手数料を明記しているかどうかが重要な要素です。手数料率の高低は問題ではなく、その情報をどれだけ詳細に記述しているかどうかを重視します。

そのような観点からTitan FXは合格です。ただしサービス開始直後であることから、大手IBが対応するまで口座開設は待とうと思います。いずれ口座開設したらブローカー比較の対象にしたいと思います。

蛇足となりますが、Axioryも開設保留中です。

こじか
2015/04/19(Sun) 14:48 | URL | こじか | [編集]
こじか様、こんにちは。

個人的にいままで調べてみた感触では、まだあまり印象等良くないという見解や当面扱わないというところが多そうでした。現在、IBでTitan扱っているのはまだ国内系の1社だけのようですね。

確かにPe●per自体も後半は良かったですが、始めの方は酷かったですし、商材屋と共謀してるんじゃないの?という感じのこともありました。今はSyne●yが少しそんな感じがしてます。

どちらも大元がAxiなのなら、純粋な系列であるMyfxMarketsが安心ですよね。自分はあまり試したことないですが、クレジットカードでの入出金で試してみようかと思います。

以前紹介した後者の方のIB(balibariさん)は、既に本ブログでもリンク済みのようですね。

前者のIBの方には、MyfxMarkets(Axiもそこが条件一番良い)含め扱ってくださいと要望出しておきました。

現在のところ、FxProとMyfxMarkets(扱ってくれたら)を↑前者のIBで開設という方向で検討しています。
2015/04/19(Sun) 17:07 | URL | Sdas | [編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。