FC2ブログ
Lucky Bank

Lucky Bank(ラッキーバンク)とは、日本の会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。高い利回りの案件が多く、全ての案件に不動産担保が設定されているのが最大の特徴です。

名前といい、キャラクターの白犬といい、どこかの携帯電話屋さんに似ていますが関係ないようです。


会社概要

会社名: ラッキーバンク・インベストメント株式会社
所在地: 東京都中央区八重洲一丁目1番3号 壽ビル9階
資本金: 9千万円(平成25年5月末)
TEL: 03-6262-3477

設立: 2014年5月
サービス開始: 2014年12月
累計調達金額: 8億2千万円 (2015年5月31日現在)


サービス概要

利回り: 6~10%(年)
運用期間: 最長36ヶ月
投資案件: 不動産担保型ローン
最低投資額: 数万円(一万円単位)


今月の投資案件

5月初旬に口座を開設し、とりあえず軍資金40万円を入金しました。
5月18日に募集開始の案件に20万円応募し投資が成立しました。
案件名利回り期間投資額
第26号ローンファンド
Lucky Bnak 5億円突破記念 第六次募集
7.25%20ヶ月20万円

Lucky Bank 運用中案件一覧



雑感

会社設立・サービス開始から間も無くやや不安は感じるものの、全案件不動産担保付で高利回りが最大の魅力です。

maneo(マネオ)Crowd Bank(クラウドバンク)では案件が予告無しに登場しすぐに投資枠が埋まってしまうので、こじかのようなサラリーマン投資家にはやや不利な状況です。

一方でLucky Bank(ラッキーバンク)は案件の募集日時がWeb上で予告されるため、時間の都合さえ付けば有利不利はありません。誰もが同じスタートラインで案件に応募することができます。この案件募集日時の予告はmaneo(マネオ)Crowd Bank(クラウドバンク)でも是非採用して欲しいと思います。

とはいえ、用意ドンでスタートするLucky Bank(ラッキーバンク)の応募もまた競争は熾烈です。今回成立した案件を例にすれば、開始時間から54秒後には概ね埋まり、97秒後に最後の一人が応募して終了となっています。このあたりの状況は案件ページの「投資履歴」タブをクリックすると確認できます。

ちなみに、こじかは35秒で申込みを完了しており18番目のエントリーでした。16番から25番まで10名が同じ35秒でエントリーするという熾烈な状況となっています。今後の案件についても30秒間で勝負が決まると覚悟しています。

いずれにせよLucky Bank(ラッキーバンク)は期待が膨らむ新星のソーシャルレンディングサービスですね。



Lucky Bank

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


【関連記事】

Crowd Bank(クラウドバンク)とは
maneo(マネオ)による運用成績2014


スポンサーサイト



コメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: